Adobe Target との統合

Adobe Experience Cloud 内での Adobe Campaign と Adobe Target(Classic および Standard)間の統合により、Adobe Campaign の E メール配信に Adobe Target からのオファーを含めることができます。

これは、Adobe Campaign を使用して送信された E メールを受信者が開封すると、Adobe Target が呼び出され、コンテンツの動的バージョンが表示されるという仕組みになっています。この動的バージョンは、E メールを作成したときに事前に指定したルールに応じて自動生成されます。

Adobe Campaign と Adobe Target の統合について詳しくは、4 つのヒントとテクニックを参照してください。

メモ

この統合が対応するのは、静的画像だけです。残りのコンテンツをパーソナライズすることはできません。

Adobe Target は複数のタイプのデータを使用できます。

  • Adobe Campaign データマートからのデータ
  • Adobe Target で訪問者 ID にリンクされたセグメント。ただし、使用されるデータに法的制限がない場合に限ります。
  • Adobe Target データ:ユーザーエージェント、IP アドレス、位置情報データ
メモ

Adobe Campaign と Adobe Target 間の統合に関する情報は、Adobe Target ヘルプページを参照してください。

このページ