パワーブースターとパワークラスター

概要

Adobe Campaignには、配置の寸法を記入するための、パッケージ化済みの2つのアーキテクチャオプションが用意されています。

  • パワーブースター

    このオプションは、プライマリAdobe Campaignアプリケーションインスタンスから切り離された単一の追加実行インスタンスをサポートします。 専用の実行インスタンスは、リモートで、またはサードパーティによってホストできます。 実装すると、Eメールの実行、トラッキング、ミラーページ、バウンスメッセージが、中央のアプリケーションの機能とは独立して処理されます。

  • 電源クラスタ

    このオプションは、特定のアプリケーションに関連して、プライマリAdobe Campaignアプリケーションインスタンスから切り離された2 ~ nのクラスター実行インスタンスをサポートします。 クラスターは、リモート、分散デプロイメント、およびサードパーティによってホストできます。 Adobe Campaign Power Clusterオプションは、プロセス分離のメリットに加えて、SLAやパフォーマンスの変化をシンプルにするために、商品ハードウェアを使用した冗長性とスケールアウト戦略を実現します。

対象のアプリケーション

パワーブースターとパワークラスターのオプションは、次のアプリケーションで使用できます。

  • キャンペーン
  • 配信
  • Message Center

アーキテクチャ推奨のマトリックス

標準アーキテクチャ
パワーブースター
電源クラスタ
Eメールキャンペーンとアウトバウンドインタラクション
1ヶ月あたり最大3,000万通のEメール
1ヶ月に30~1億通の電子メール
1ヶ月に1億通以上のメール
トランザクションメッセージ
実行サーバ1時間あたり50,000個
実行サーバ1時間あたり50,000個
実行サーバ1時間あたり50,000個
アベイラビリティ
プライマリ・データベースのデータベース
24/7は、実行インスタンスのメンテナンスウィンドウとダウンタイムを除きます。
24/7/365サービスが可能
セキュリティ
データマートは、パブリックインターネットからアクセス可能である可能性があります
データマートは、正面的でインターネットに面するコンポーネントから切り離されています。
データマートは、正面的でインターネットに面するコンポーネントから切り離されています。
配置テンプレート
すべて1つのサイト(オンプレミスまたはクラウド内)で実行できます。
クラウドでの実行が可能なオンプレミスマーケティング
クラウドでの実行を含むオンプレミスマーケティング可能な異なる地域での実行

推奨事項

  • 実行インスタンスは、サービス専用である必要があります。 購読していないサービス用のパッケージはインストールできません。 例えば、Message Center​サービスの​Power Booster​オプションを購読する場合、専用の実行インスタンスに​トランザクションメッセージの実行​パッケージのみをインストールできます。 ライセンス契約をご確認ください。
  • 専用インスタンス(またはクラスター)はAdobe Campaignインスタンスなので、レコメンデーションはメインインスタンスの場合と同じです。 詳しくは、このドキュメントを参照してください。
  • データベース/ハードウェアコンポーネントの観点からインスタンスを適切に設定するには、Adobe Campaign Professional Servicesにお問い合わせください。

このページ