URL へのアクセス権限の設定(オンプレミス)

Campaign Classic インスタンスの JavaScript コード(ワークフローなど)で呼び出すことができる URL のデフォルトリストは、制限されています。リストに記載されている URL を使用すれば、インスタンスは正常に機能します。

デフォルトでは、インスタンスは外部の URL にアクセスできないようになっています。ただし、外部の URL を承認済み URL リストに追加して、インスタンスがアクセスできるようにすることは可能です。 これにより、Campaign インスタンスを SFTP サーバーや web サイトなどの外部システムと接続して、ファイルやデータの転送が可能になります。

メモ

この手順は次に制限されています: オンプレミス デプロイメント。

As a ホスト 顧客、 キャンペーンCampaign コントロールパネルに設定されている場合は、URL 権限セルフサービスインターフェイスを使用できます。 詳細情報

その他 ハイブリッド/ホスト のお客様は、Adobeサポートチームに連絡して、IP をチームに追加する必要があり許可リストます。

の場合 ハイブリッド および オンプレミス デプロイメントを使用する場合、管理者は新しい urlPermissionserverConf.xml ファイル。

次の 3 つの接続保護モードを使用できます。

  • ブロック:そのページに属さないすべての URL がブ許可リストロックされ、エラーメッセージが表示されます。 これは、ポストアップグレード後のデフォルトのモードです。
  • 許容:このタブに属さないすべての URL が許許可リスト可されます。
  • 警告:このに属さない URL はすべて許可されま許可リストすが、JS インタープリタが警告を表示するので、管理者が収集できます。 このモードでは JST-310027 警告メッセージが追加されます。
<urlPermission action="warn" debugTrace="true">
  <url dnsSuffix="abc.company1.com" urlRegEx=".*" />
  <url dnsSuffix="def.partnerA_company1.com" urlRegEx=".*" />
  <url dnsSuffix="xyz.partnerB_company1.com" urlRegEx=".*" />
</urlPermission>
重要

デフォルトでは、新しい実装では、 ブロック モード。

移行による既存のお客様は、 警告 モード。 URL を許可する前にアウトバウンドトラフィックを分析します。 許可された URL のリストを定義したら、URL をリストに追加して、次の URL をアク許可リストティブ化できます。 ブロック モード。

詳しくは、次の節を参照してください。

このページ