データスキーマの作成

外部データベースにスキーマを作成する手順は、次のとおりです。

  1. データスキーマのリストの上にある「新規」ボタンをクリックし、「外部データにアクセス」を選択します。

  2. を入力します。 名前空間 および 名前 スキーマのを選択し、 外部アカウント データベースへの接続を有効にします。 これにより、外部データベースで使用できるテーブルのリストにアクセスできます。

  3. 次の テーブル名 「 」フィールドで、収集するデータが格納されているテーブルを選択します。

    Snowflakeを使用すると、データベース・ユーザーに正しい権限が付与されている場合に、ここでビューを選択できます。 ビューを使用する場合、Adobe Campaignで XML スキーマを自動的に生成することはできないので、自分で作成する必要があります。 ビューについて詳しくは、 Snowflake文書.

  4. OK」をクリックして確定します。Adobe Campaign では選択したテーブルの構造が自動的に検出され、論理スキーマが生成されます。Adobe Campaign はリンクを生成しません。

  5. 保存」をクリックして作成を確定します。

    注意

    Snowflake を使用する場合、プライマリキーは必須です。

テーブルをマッピングすると(標準または FDA マッピング)、インデックスが自動的に作成されます。

このページ