データベースへの接続

外部データベースへの接続を有効にするには、対象のデータソースおよびデータの読み込みが必要なテーブルの名前を接続パラメーターで指定する必要があります。

注意

Adobe Campaign ユーザーが外部データベースのデータを処理するには、外部データベースおよび Adobe Campaign アプリケーションサーバーに対する特定の権限が必要です。詳しくは、リモートデータベースのアクセス権の節を参照してください。

誤作動を回避するために、リモートの共有データにアクセスするオペレーターは分離された環境で作業をおこなう必要があります。

共有接続の作成

共有外部データベースへの接続を有効にすると、この接続がアクティブである限り、データベースは Adobe Campaign 経由でアクセスできます。

  1. この設定は、あらかじめ​管理/プラットフォーム/外部アカウント​ノードで定義する必要があります。

  2. 新規」ボタンをクリックして、「外部データベース」タイプを選択します。

  3. 外部データベースの​接続​パラメーターを定義します。

    ODBC タイプのデータベースに接続する場合は、「サーバー」フィールドに、サーバー名ではなく ODBC データソースの名前を入力する必要があります。また、使用するデータベースによっては、追加の設定が必要になることがあります。データベースタイプ別の特定の設定の節を参照してください。

  4. パラメーターを入力したら、「接続をテスト」ボタンをクリックして承認します。

  5. 必要に応じて、「有効」オプションのチェックを解除して、設定は削除せずに、このデータベースへのアクセスを無効にします。

  6. このデータベースに Adobe Campaign からアクセスするには、SQL 関数をデプロイする必要があります。「パラメーター」タブをクリックし、「機能をデプロイ」ボタンをクリックします。

パラメーター」タブでは、テーブル用およびインデックス用の固有の作業用テーブル領域をそれぞれ定義できます。

一時的な接続の作成

ワークフローアクティビティから外部データベースへの接続を直接定義できます。この場合、接続はローカルの外部データベース上に置かれ、現在のワークフロー内で使用するために予約されます。外部アカウントには保存されません。このタイプの定時接続はワークフローの様々なアクティビティ、特に「クエリ」、「データ読み込み (RDBMS)」、「エンリッチメント」または「分割」アクティビティで作成できます。

注意

このタイプの設定は推奨されませんが、データを収集するために定期的に使用される場合があります。ただし、共有接続の作成の節で説明しているように、外部アカウントを作成する必要があります。

例えば、「クエリ」アクティビティで、外部データベースへの定期的な接続を作成する手順は次のようになります。

  1. データを追加」をクリックし、「外部データ」オプションを選択します。

  2. データソースをローカルで定義」オプションを選択します。

  3. ドロップダウンリストからターゲットのデータベースエンジンを選択します。サーバーの名前を入力し、認証パラメーターを指定します。

    外部データベースの名前も指定します。

    次へ」ボタンをクリックします。

  4. データが格納されているテーブルを選択します。

    該当するフィールドにテーブルの名前を直接入力するか、編集アイコンをクリックしてデータベーステーブルのリストにアクセスできます。

  5. 追加」ボタンをクリックして、外部データベースのデータと Adobe Campaign データベースのデータとの間の 1 つまたは複数の紐付けを定義します。「リモートフィールド」と「ローカルフィールド」の「式を編集」アイコンを使用して、各テーブルのフィールドのリストにアクセスできます。

  6. 必要に応じて、フィルタリング条件とデータ並べ替えモードを指定します。

  7. 外部データベースで収集する追加のデータを選択します。追加データを選択するには、追加するフィールドをダブルクリックして「出力列」に表示します。

    完了」をクリックして、この設定を確認します。

接続の保護

メモ

接続の保護は PostgreSQL でのみ利用可能です。

外部の FDA アカウントを設定するときに外部データベースへのアクセスを保護できます。

そのためには、サーバーアドレスと使用するポートのアドレスの後に ":ssl" を追加します。例:192.168.0.52:4501:ssl

これで、データはセキュアな SSL プロトコル経由で送信されます。

任意の追加設定

必要に応じて、外部データベースのデータを処理するためのスキーマを作成できます。同様に、Adobe Campaign では外部テーブルのデータでマッピングを定義できます。これらは一般的な設定で、ワークフローだけに適用されるわけではありません。

メモ

Adobe Campaign でのスキーマの作成および新しいデータマッピングの定義について詳しくは、このページを参照してください。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now