Microsoft SQL Server へのアクセスの設定

キャンペーンを使用 Federated Data Access (FDA) 外部のMicrosoft SQL Server データベースに保存された情報を処理するオプション。 次の手順に従って、へのアクセスを設定します。 Microsoft SQL Server.

  1. 設定 Microsoft SQL Server オン CentOS.
  2. 設定 Microsoft SQL Server オン Linux.
  3. 設定 Microsoft SQL Server オン Windows.
  4. の設定 Microsoft SQL Server 外部アカウント キャンペーン内

CentOS でのMicrosoft SQL Server

メモ

Microsoft SQL Server は CentOS 7 および 6 で利用できます。

を設定するには、以下を実行します。 Microsoft SQL Server CentOS で、次の手順に従います。

  1. 次のコマンドを使用して、SQL ODBC ドライバーをダウンロードしてインストールします。

    sudo su
    curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo > /etc/yum.repos.d/mssql-release.repo
    exit
    sudo yum remove unixODBC-utf16 unixODBC-utf16-devel #to avoid conflicts
    sudo ACCEPT_EULA=Y yum install msodbcsql
    
  2. Adobe Campaignで、 Microsoft SQL Server 外部アカウント。 外部アカウントの設定方法について詳しくは、 この節.

Linux 上のMicrosoft SQL Server

メモ

古いバージョンのAdobe Campaign(7.2.1 以前)を実行している場合は、をインストールする必要があります。 unix ODBC drivers.

  1. から MS ODBC ドライバーをダウンロードします。 このページ.

  2. 次のコマンドを root ユーザーとして実行します。

    # install the mssql odbc that was downloaded
    dpkg -i msodbcsql17_17.7.1.1-1_amd64.deb
    # accept the license terms
    
  3. Adobe Campaignで、 Microsoft SQL Server 外部アカウント。 外部アカウントの設定方法について詳しくは、 この節.

Windows 上のMicrosoft SQL Server

を設定するには、以下を実行します。 Microsoft SQL Server Windows の場合:

  1. Windows の場合、 Campaign コントロールパネル '>' システムとセキュリティ '>' 管理ツール'>' ODBC データソース(64 ビット).

  2. 次の ODBC データソース(64 ビット) 新しいウィンドウ、クリック 追加….

  3. SQL Server Native Client v11 が 新しいデータソースを作成 ウィンドウ

  4. SQL Server Native Client が一覧に表示されない場合は、 このページ.

  5. Adobe Campaignで、 Microsoft SQL Server 外部アカウント。 外部アカウントの設定方法について詳しくは、 この節.

Microsoft SQL Server 外部アカウント

次を作成する必要があります: Microsoft SQL Server Campaign インスタンスを Microsoft SQL Server 外部データベース。

  1. キャンペーンから エクスプローラ​をクリックし、 管理 '>' Platform '>' 外部アカウント.

  2. 新規」をクリックします。

  3. 外部アカウント​タイプ​として、「外部データベース」を選択します。

  4. の下 設定​を選択します。 Microsoft SQL Server から タイプ 」ドロップダウンリストから選択できます。

  5. の設定 Microsoft SQL Server 外部アカウント認証:

    • サーバー:Microsoft SQL Server サーバーの URL.

    • アカウント:ユーザーの名前.

    • パスワード:ユーザーアカウントのパスワード.

    • データベース:データベースの名前(オプション)。

    • タイムゾーン:タイムゾーンの設定 Microsoft SQL Server. 詳細情報

  6. パラメーター」タブをクリックし、「機能をデプロイ」ボタンをクリックして機能を作成します。

    メモ

    すべての関数を使用するには、リモートデータベースでAdobe Campaign SQL 関数を作成する必要があります。 詳しくは、このページを参照してください。

  7. クリック 保存 設定が完了したら、

コネクタは、次のオプションをサポートしています。

オプション 説明
認証 コネクタでサポートされる認証のタイプ。 現在のサポート値:ActiveDirectoryMSI です。
詳しくは、例 8 /を参照してください。 Microsoftドキュメント.
暗号化 接続でネットワーク経由で TLS 暗号化を使用するかどうかを指定します。 指定できる値は次のとおりです。 はい/必須(18.0 以降), いいえ/オプション(18.0 以降)、および strict(18.0 以降). デフォルト値はに設定されています。 はい バージョン 18.0 以降 いいえ 以前のバージョンの
詳しくは、 Microsoftドキュメント.
TrustServerCertificate で使用する場合に、自己署名サーバー証明書を使用して暗号化を有効にします 暗号化.
指定できる値: はい または いいえ (デフォルト値。サーバー証明書が検証されます)。

このページ