開発者向け FAQ

オープンなソリューションである Adobe Campaign は、カスタマイズと高度なアプリケーション開発ができるようになっています。

Campaign データモデルとは何ですか?

Adobe Campaign データベースの概念データモデルは、一連の組み込みテーブルとそのインタラクションで構成されます。アプリケーションに格納されるデータの物理的および論理的構造は、XML で記述されます。スキーマと呼ばれる Adobe Campaign 特有の文法に従います。Adobe Campaign スキーマについて詳しくは、この節を参照してください。

Campaign データモデルについて詳しくは、ここをクリックしてください。

ベストプラクティスについては、この記事を参照してください。

Campaign スキーマの操作方法は?

Adobe Campaign では、以下のためにデータスキーマが使用されます。

  • アプリケーション内のデータオブジェクトが基盤となるデータベーステーブルにどのように関連付けられるかの定義
  • Campaign アプリケーション内での異なるデータオブジェクト間リンクの定義
  • 各オブジェクトに含まれている個々のフィールドの定義と記述

データスキーマの操作方法やニーズに対処するための Campaign の拡張およびカスタマイズの方法については、テーブルとスキーマの概要を参照してください。

カスタム受信者テーブルの使用方法は?

メッセージを送信するために、Campaign で標準以外の受信者テーブルを作成および実装できます。

詳しくはここをクリック

Campaign でクエリを定義するためのベストプラクティスは?

Adobe Campaign クエリエディターは、データの調査やセグメントの作成をおこなうための強力なツールです。

Adobe Campaign のクエリツールは、ターゲット母集団の作成、顧客のセグメント化、トラッキングログの抽出とフィルター、フィルターの作成などのために、ソフトウェアの複数のレベルで使用できます。

汎用クエリエディターを使用して Campaign データベースに対するクエリを実行できます。汎用クエリエディターにアクセスするには、ツール/汎用クエリエディター… メニューを使用します。汎用クエリエディターでは、データベースに格納されている情報を抽出し、構成、グループ化、並べ替えなどをおこなうことができます。例えば、ユーザーは、特定の期間にニュースレター内のリンクを「n」回以上クリックした受信者を収集することができます。このツールでは、ニーズに応じて結果を収集、並べ替えおよび表示できます。このツールは、Adobe Campaign のすべてのクエリ機能を組み合わせたものです。例えば、制限フィルターを作成して保存できます。つまり、汎用クエリエディターで作成したユーザーフィルターを、ターゲティングワークフローのクエリボックスなどで使用できます。

クエリは、選択したテーブルのフィールドを使用するか、数式を使用して作成します。Campaign データベースに対するクエリを作成する際の主な原則については、このページを参照してください。

ここをクリックして、Campaign クエリエディターを開きます。

データパッケージはどうすればインポートできますか?

Adobe Campaign では、パッケージシステムを通じて、プラットフォーム設定とデータをエクスポートまたはインポートできます。データパッケージを使用すると、XML 形式のファイル経由で Adobe Campaign データベース内のエンティティを表示できます。パッケージに含まれる 1 つのエンティティは、それに該当するすべてのデータによって表現されます。

データパッケージの原則とは、データの設定をエクスポートして別の Adobe Campaign システム内に組み込むことです。

Campaign の設定をインポートおよびエクスポートするためにデータパッケージを使用する方法については、ここをクリックしてください。

Campaign Classic API のリストはどこにありますか?

詳細な説明を含むすべての Campaign API は、この専用ドキュメントで利用できます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now