Adobe Campaign エクスプローラーの使用

Adobe Campaign エクスプローラーにアクセスするには、ツールバーアイコンを使用します。これにより、Adobe Campaign のすべての機能、設定画面およびプラットフォーム要素の一部の詳細ビューにアクセスできます。

エクスプローラー​ワークスペースは、3 つのゾーンに分割されています。

1 - ツリー:ツリーのコンテンツは、パーソナライズできます(ノードの追加、移動または削除)。この手順は、エキスパートユーザー専用です。詳細については、この節を参照してください。

2 - リスト:このリストのフィルタリング、検索の実行、情報の追加、データの並べ替えのいずれかを行うことができます。 詳細情報

3 - 詳細:選択した要素の詳細を表示できます。右上にあるアイコンを使用すると、この情報をフルスクリーンフォーマットで表示できます。

フォルダーとナビゲーションツリー

ナビゲーションツリーは、ファイルブラウザー(Windows エクスプローラなど)のように機能します。 フォルダーには、サブフォルダーを含めることができます。 ノードを選択すると、そのノードに対応するビューが表示されます。

表示されるビューは、選択した行を編集するためのスキーマと入力フォームに関連付けられたリストです。

ツリーに新しいフォルダーを追加するには、フォルダーの挿入先となるブランチでフォルダーを右クリックし、新規フォルダーを追加​を選択します。 ショートカットメニューで、作成するファイルの種類を選択します。

この節では、キャンペーンのナビゲーションツリーを設定する方法について説明します。

](access-management-folders.md)この節では[、フォルダーに権限を設定する方法を説明します。

フォルダー設定のベストプラクティス

  • 組み込みフォルダーの使用

    組み込みフォルダーを使用すると、プロジェクトに関与していないユーザーがアプリケーションを簡単に使用、保守、トラブルシューティングできるようになります。受信者、リスト、配信などのカスタムフォルダー構造を作成するのではなく、管理、プロファイルとターゲット、キャンペーン管理などの標準フォルダーを使用してください。

  • サブフォルダーの作成

    標準フォルダー(管理/実稼働/テクニカルワークフロー)の下にテクニカルワークフローを配置し、ワークフロータイプごとにサブディレクトリを作成します。

  • 命名規則の設定

    例えば、実行順に並べ替えて表示されるように、ワークフローにアルファベット順に名前を付けることができます。

    例:

    • A1 - 受信者のインポート、10:00 開始。
    • A2 - チケットのインポート、11:00 開始。
  • 開始時に使用できるテンプレートの作成

    ユーザーに固有の配信テンプレート、ワークフローテンプレート、キャンペーンテンプレートを作成します。 この構造により、時間を節約でき、ユーザーごとに適切な配信マッピングとタイポロジーを確実に使用できます。

画面の解像度

最適なナビゲーションとユーザビリティを確保するために、アドビでは 1600 x 900 ピクセル以上の画面解像度を推奨します。

注意

1600 x 900 ピクセル未満の解像度は Adobe Campaign ではサポートしていません。

エクスプローラー​ワークスペースで​詳細​ゾーンの一部が切り詰められているように見える場合は、ゾーンの上部にある矢印を使用してゾーンを拡大するか、「拡大」ボタンをクリックします。

リストの参照とカスタマイズ

リストを参照、管理、カスタマイズする方法については、](/docs/campaign-classic/using/getting-started/starting-with-adobe-campaign/campaign-workspace/adobe-campaign-ui-lists.html?lang=ja)この節[を参照してください。

このページ