Campaign Classic の基本を学ぶ

高いレベルの顧客エンゲージメントを実現し、優れたエクスペリエンスを提供するには、あらゆる顧客接点で一貫したカスタマージャーニーを用意する必要があります。最新のマーケティングソリューションを利用すれば、マーケティング ROI の最大化とロイヤリティの強化を実現するクロスチャネルのマーケティングキャンペーンを効率的に設計、計画、展開、管理、最適化することができます。

Adobe Campaign は、対話的なマーケティングキャンペーンの構築を容易にします。Adobe Campaign には、マーケティングや顧客とのやり取りをモデル化し、合理化し、自動化するための革新的な機能が用意されています。

メモ

Adobe Campaign Classic には v6.11 と v7 があります。特に明記しない限り、ヘルプ資料は両方のバージョンの最新ビルドに適用されます。スクリーンショットは、Campaign Classic v7 のユーザーインターフェイスを反映したものです。

主な特長と機能をビデオで確認

主な機能

Adobe Campaign は、クロスチャネルのカスタマーエクスペリエンスを構築するための基盤を提供し、視覚的なキャンペーンのオーケストレーションや、リアルタイムの対話管理、クロスチャネルのキャンペーン展開に必要な環境を提供します。

Adobe Campaign におけるマーケティングキャンペーンのサイクルは、この製品の主な機能領域を表しています。

Integrated Customer Profile

プロファイル(顧客、見込み客、ニュースレター購読者など)は、Adobe Campaign データベースで一元管理されます。プロファイルを取得してこのデータベースを作成するために使用可能なメカニズムは多数あります。web フォームによるオンライン収集、テキストファイルの手動または自動インポート、会社のデータベースまたは他の情報システムによるレプリケーションなどです。Adobe Campaign を利用すれば、マーケティング履歴、購入情報、嗜好、CRM データおよび関連する PII データを包括的に集約し、分析をおこなって、行動に移すことができます。

Adobe Campaign では、受信者は配信(E メール、SMS など)の送信先となるデフォルトプロファイルです。データベースに格納された受信者データを活用して、任意の配信のターゲットを絞り込み、配信コンテンツにパーソナライゼーションデータを追加することができます。データベースには、他のタイプのプロファイルも含まれています。それらのプロファイルは用途が異なります。例えば、シードプロファイルは、配信を最終的なターゲットに送信する前のテスト用に作成されます。

プロファイル管理の基礎は、プロファイルについてで説明しています。

ターゲティングされたセグメント化

Adobe Campaign には強力で使いやすいセグメント化機能とターゲティング機能が備わっており、高度にターゲティングされた最適なオファーを作成できます。記述的分析機能では、マーケティングキャンペーンのアップストリームおよびダウンストリームの情報を分析でき、フィルター管理およびグラフィカルクエリエディター機能を使用して、購読者の母集団やサンプルをフィルターしたり、無制限の数の基準を使用してターゲットグループを作成したりすることができます。分析およびターゲティング機能について詳しくは、このページおよびフィルターの作成の節で説明しています。

高度なデータ管理機能は、データ処理機能を強化します。データマートでモデル化されていないデータを含めることで、ターゲティングプロセスを簡素化し、最適化します。この機能について詳しくは、このページで説明しています。

クロスチャネルキャンペーンのオーケストレーション

Adobe Campaign を使用すると、メール、ダイレクトメール、SMS、プッシュ通知などの複数のチャネルで、ターゲットを絞りパーソナライズしたキャンペーンの設計とオーケストレーションを行えます。すべてのキャンペーンおよび通信をスケジュール、編成、設定、パーソナライズ、自動化、実行および測定するために必要なすべての機能が、単一のインターフェイスに用意されています。キャンペーンのスケジュールおよび実行について詳しくは、このページを参照してください。

パーソナライゼーションとリアルタイムインタラクション

顧客プロファイルと環境設定に基づいてメッセージコンテンツとヘッダーを効果的にパーソナライズすることで、顧客の注意を引き、応答率を向上させます。メッセージコンテンツ管理とパーソナライゼーションについて詳しくは、このページを参照してください。コンテンツ、通知および承認サイクルの協調管理について詳しくは、この節で説明しています。

分析とレポート

Adobe Campaign では、顧客のデータおよびプロファイルを段階的にエンリッチメントすることによって、顧客の行動を監視および解釈できます。レポートおよび分析ツールを使用すると、各新規キャンペーンから利益を得たり、マーケティング戦略のターゲティングを向上させたり、投資への影響および投資利益率を最適化したりできます。詳しくは、このページを参照してください。

Adobe Experience Cloud の統合

Adobe Campaign の配信機能と高度なキャンペーン管理機能を、ユーザーエクスペリエンスのパーソナライズを支援するために作成された一連のソリューション(Adobe Experience Manager、Adobe Analytics、Adobe Target または Adobe Experience Cloud Triggers など)と組み合わせることができます。Adobe IMS と統合し、Adobe ID を使用して Campaign にログインすることもできます。クロスソリューションと認証統合について詳しくは、この節を参照してください。

コア機能とアドオン

Adobe Campaign は、ニーズやアーキテクチャに応じて対話型マーケティング機能を実装し、最適化するための一連の機能を備えています。これらの機能には、コア機能と、インストールしたパッケージおよび設定によって使える機能があります。詳細な製品説明については、Adobe Campaign Classic の製品説明を参照してください。

使用できる機能は以下のとおりです。ライセンス契約によって、ご利用のインスタンスで使える機能と使えない機能があります。

チュートリアルビデオ

このビデオでは、Campaign Classic の主な特長と機能について説明します。

Campaign Classic に関するその他のハウツービデオはこちらで参照できます。

このページ