プロファイルについて

プロファイル(顧客、見込み客、ニュースレター購読者など)は、Adobe Campaign データベースで一元管理されます。プロファイルを取得してこのデータベースを作成するために使用可能なメカニズムは多数あります。web フォームによるオンライン収集、テキストファイルの手動または自動インポート、会社のデータベースまたは他の情報システムによるレプリケーションなどです。Adobe Campaign を利用すれば、マーケティング履歴、購入情報、嗜好、CRM データおよび関連する PI データを包括的に集約し、分析をおこなって、行動に移すことができます。

Adobe Campaign では、受信者は配信(E メール、SMS など)の送信先となるデフォルトプロファイルです。データベースに格納された受信者データを活用して、任意の配信のターゲットを絞り込み、配信コンテンツにパーソナライゼーションデータを追加することができます。データベースには、他のタイプのプロファイルも含まれています。それらのプロファイルは用途が異なります。例えば、シードプロファイルは、配信を最終的なターゲットに送信する前のテスト用に作成されます。

動画でプロファイルの概念を理解する

プロファイルのタイプ

Adobe Campaign では、作成、インポート、ターゲティング、アクショントラッキング、更新など、プロファイルをライフサイクル全体にわたって管理できます。

各プロファイルは、データベースエントリに対応します。これには、個人のターゲティング、選定およびトラッキングに必要な情報がすべて含まれています。

プロファイルは、ストレージスペースに基づいて識別できます。つまり、プロファイルは受信者、訪問者、オペレーター、購読者、見込み客などに対応します。

受信者プロファイル

配信の受信者はプロファイルとしてデータベースに保存されており、これには、姓、名、住所、購読、配信など、受信者に関連付けられた情報が含まれます。キャンペーンを作成する場合、配信のターゲットを、単純な基準または詳細な基準に従って選択されたベース内のプロファイルに定義できます。

プロファイルがデータベースではなくファイルに保存されている受信者を対象にしたキャンペーンを作成することもできます。これらは「外部」配信と呼ばれます。このタイプの配信について詳しくは、このページを参照してください。

受信者プロファイルを作成する主な方法は次のとおりです。

  • グラフィカルインターフェイス画面での直接入力
  • 受信者リストのインポート
  • web フォームによるオンライン収集
メモ

ファイルおよび web フォームのインポート方法を確認するには、一般的なインポートおよびエクスポートを参照してください。

プロファイルとターゲット

プロファイルとターゲット」リンクをクリックすると、Adobe Campaign データベースに保存されている受信者を表示できます。新規受信者の作成、既存の受信者の編集およびそのプロファイルへのアクセスをおこなうことができます。詳しくは、このページを参照してください。

次のものにアクセスすることもできます。

受信者ページでは、編集、更新、追加、削除、並べ替えなど、頻繁におこなう操作をプロファイルに対して実行できます。

プロファイルをより詳細に操作するには、Adobe Campaign ツリーを編集する必要があります。そのためには、Adobe Campaign のホームページで「エクスプローラー」リンクをクリックします。

デフォルトでは、受信者はツリーの​プロファイルとターゲット/受信者​ノードに保存されています。このビューでは、受信者の作成のほか、次の操作を実行できます。

高度な機能および設定にアクセスするには、「エクスプローラー」アイコンをクリックする必要があります。

Adobe Campaign エクスプローラーの一般的なレイアウトについては、Adobe Campaign エクスプローラーの使用で説明しています。

メモ

プロファイルとターゲット/受信者​リンクをクリックして、Adobe Campaign ツリーからこのリストの詳細ビューを表示することもできます。リスト表示は、ニーズに合わせて設定できます。列の追加または削除、列の順序の定義、データの並べ替えなどをおこなうことができます。リストの表示設定は、Adobe Campaign エクスプローラーの使用で説明しています。

受信者ビューを定義することもできます。この機能について詳しくは、フォルダーとビューを参照してください。

アクティブなプロファイル

アクティブなプロファイルは、請求の対象として考慮されるプロファイルです。

メモ

AWS でホストされ、ビルド 8931 以降の Campaign Classic を使用している場合は、インスタンスで使用されるアクティブなプロファイルの数を Campaign コントロールパネルから直接監視することもできます。詳しくは、コントロールパネルのドキュメントを参照してください。

アクティブなプロファイルのカウントを使用できるのは、マーケティングインスタンス​のみです。実行インスタンス、すなわち MID(ミッドソーシング)および RT(Message Center/リアルタイムメッセージング)インスタンスの場合は使用できません。

プロファイル」とは、エンドユーザー、見込み客またはリードを表している情報のレコード(例:nmsRecipient テーブル内のレコードや、cookie ID、顧客 ID、モバイル ID、または特定のチャネルに関連するその他の情報が含まれている外部テーブル内のレコード)のことです。

請求に関係するのは、アクティブ​なプロファイルのみです。過去 12 か月以内にいずれかのチャネルでターゲットになるか通信がおこなわれたプロファイルは、アクティブとみなされます。

配信の準備中に(タイポロジルール、強制隔離によって)除外されたプロファイルは、考慮されません。プロファイルは、複数の配信のターゲットになっていても一度しかカウントされません。

メモ

ただし、Facebook および Twitter チャネルは考慮されません。

アクティブなプロファイルの数​の概要は、Campaign Standard の​管理/キャンペーン管理/顧客指標​メニューから表示できます。実際のカウントは、アクティブな請求プロファイルの数billingActiveContactCountテクニカルワークフローがおこないます。このワークフローは毎日実行され、新しいデータを​顧客指標​メニューの現在の期間に対する既存のレポートに追加します。各期間は 12 か月続きます。

チュートリアルビデオ

プロファイルデータにアクセスする方法、プロファイルの並べ替えとフィルターをおこなう方法、プロファイルを手動で作成および管理する方法について説明します。

この動画では、Adobe Campaign Classic による一般データ保護規則(GDPR)の遵守についても説明します。

その他のCampaign Classicハウツービデオは こちら

関連項目:

このページ