ネームド権限を使用した権限の設定

ネームド権限は、個別のオペレーターやオペレーターのグループに付与する権限を定義するものです。Adobe Campaign には、運用方法の参考として、デフォルトのネームド権限セットがあらかじめ用意されています。それらのネームド権限の設定は、ツリーの​管理/アクセス管理/ネームド権限​で編集できます。

デフォルトで用意されているネームド権限は以下のとおりです。

  • 管理管理​権限を持つオペレーターは、インスタンスに対する完全なアクセス権を持ちます。管理者ユーザーは、ワークフロー、配信、スクリプトなどの任意のオブジェクトの実行/作成/編集/削除が可能です。

  • 承認の管理:担当のオペレーターやグループが現在の状態を承認したことを確認するため、ワークフローや配信内で複数の承認手順を設定できます。承認の管理​権限を持つユーザーは、承認手順を設定したり、これらの手順を承認する必要のあるオペレーターまたはオペレーターグループを割り当てたりできます。

  • セントラル処理:セントラル管理の権限(分散型マーケティング)。

  • フォルダーを削除:フォルダーを削除する権限。この権限を持つユーザーは、エクスプローラービューからフォルダーを削除できます。

  • フォルダーを編集:内部名、ラベル、関連する画像、サブフォルダーの順序など、フォルダーのプロパティを変更する権利。

  • エクスポート:ユーザーは、エクスポート​ワークフローアクティビティを使用して、サーバーまたはローカルマシン上のファイルに、Adobe Campaign インスタンスのデータをエクスポートできます。

  • ファイルアクセス:スクリプトを介したファイルの読み取り/書き込みアクセス権。このスクリプトは JavaScript ワークフローアクティビティに記述してサーバー上のファイルの読み取り/書き込みをおこなうことができます。

  • インポート:データのインポート全般を実行する権限。インポート​では他のすべてのテーブルにデータをインポートできますが、受信者のインポート​権限は、受信者テーブルにのみインポートできます。

  • フォルダーを挿入:フォルダーを挿入する権限。フォルダーを挿入​権限を持つユーザーは、エクスプローラービューのフォルダーツリーに新しいフォルダーを作成できます。

  • ローカル:ローカル管理の権限(分散型マーケティング)。

  • 結合:選択したレコードを 1 つに結合する権限。受信者が重複して存在する場合、結合​権限があれば、重複を選択し、それらを単一の主な受信者に結合できます。

  • 配信を準備:配信分析を作成、編集および保存する権限。配信を準備​権限を持つユーザーは、配信分析プロセスを開始できます。

  • プライバシーデータ権限:プライバシーデータを収集および削除する権限。詳しくは、このページを参照してください。

  • プログラム実行:様々なプログラミング言語でコマンドを実行する権限。

  • 受信者のインポート:受信者をインポートする権限。受信者のインポート​権限を持つユーザーは、ローカルファイルを受信者テーブルにインポートできます。

  • SQL スクリプトの実行:データベースで SQL コマンドを直接実行する権限。

  • 配信を開始:分析済みの配信を承認する権限。配信の分析後、配信は様々な承認手順で一時停止し、再開するには承認が必要になります。配信を開始​権限を持つユーザーは、配信を承認できます。

  • SQL データ管理アクティビティを使用:作業用テーブルを作成および設定するために SQL データ管理アクティビティを使用して独自の SQL スクリプトを記述する権限(この節を参照)。

  • ワークフロー:ワークフローを実行する権限。この権限がないと、ユーザーはワークフローを開始、停止または再起動できません。

  • Web アプリ:Web アプリケーションを使用する権限。

メモ

このリストは、プラットフォームにインストールされているアドオンに応じて変わることがあります。

アクセス権マトリックス

デフォルトのグループやネームド権限を使用すると、ナビゲーション階層構造内の特定のフォルダーに対するオペレーターのアクセスを許可し、読み取り、書き込み、削除の権限を付与できます。

Adobe Campaign のアクセス権マトリックスはここにあります。

画像

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now