ワークフローを使用したデータのインポートとエクスポート

データの収集

ワークフローは、一部のインポート処理を自動化する有効な手段になります。データをローカルファイルからインポートするか、SFTP からインポートするかに関係なく、ワークフローを使用してデータ管理手順を標準化することができます。

リストからのデータの使用:リスト読み込み

ワークフローに送られるデータを、事前にデータが準備され、構造化されているリストから取り出すこともできます。

このリストは、Adobe Campaign 内に直接作成されている場合も、「リストをインポート」オプションを使用してインポートされる場合もあります。このオプションについて詳しくは、このページを参照してください。

ワークフローでのリスト読み込みアクティビティの使用について詳しくは、こちらのページを参照してください。

ファイルからのデータの読み込み

ワークフロー内で処理されるデータは、Adobe Campaign にインポートできるように、構造化ファイルから抽出することができます。

データアクティビティの読み込みについて詳しくは、データ読み込み(ファイル)の節を参照してください。

インポートする構造化ファイルの例:

lastname;firstname;birthdate;email;crmID
Smith;Hayden;23/05/1989;hayden.smith@example.com;124365
Mars;Daniel;17/11/1987;dannymars@example.com;123545
Smith;Clara;08/02/1989;hayden.smith@example.com;124567
Durance;Allison;15/12/1978;allison.durance@example.com;120987

データを収集したら、ワークフローで配信の拡充やデータベースの更新などに使用できます。詳しくは、こちらのページを参照してください。

データのエクスポート

ワークフローは、エクスポート処理の一部を自動化したり、データの変換に使用できるデータ管理アクティビティの一部を使用した後に正確なデータセットをエクスポートしたりするための有効な手段になります。

エクスポート操作は、データ抽出(ファイル)アクティビティ​を使用して実行されます。 アクティビティの設定と使用方法について詳しくは、こちらのページを参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free