データのインポートとエクスポートの基本を学ぶ

Adobe Campaign Classic は、データのインポートとエクスポートを可能にするデータ管理機能を備えています。 これらの操作は、ワークフローまたは一般的なインポートおよびエクスポートのいずれかを使用して実行できます。

重要

この機能を使用する際は、Adobe Campaign の契約条件が定める SFTP ストレージ、データベースストレージ、アクティブプロファイルの制限に注意してください。

ワークフロー

ワークフロー​は、インポートプロセスを自動化する便利な方法です。データをローカルファイルからインポートするか、SFTP からインポートするかに関係なく、データ管理手順を標準化することができます。

ワークフローを使用すると、例えば複数の情報システム間のデータ交換を自動化するために、インポートとエクスポートの操作をスケジュールに従って自動的に繰り返すことができます。

詳しくは、こちらの節を参照してください。

一般的なインポートおよびエクスポート

また、Campaign Classic には、不定期のインポート/エクスポートジョブを作成できる​一般的なインポートおよびエクスポート​が用意されています。

インポートとエクスポートは、インポートおよびエクスポートジョブを起動および監視するように設定および使用できる専用のテンプレートで設定されます。

一般的なインポートおよびエクスポートの詳細については、こちらの節を参照してください。

重要

一般的なインポートおよびエクスポートは、不定期の操作にのみ使用します。データの一貫性を確保し効率を向上させるには、ワークフローを使用してインポートおよびエクスポート操作を実行することをお勧めします。

データの暗号化と圧縮

Campaign Classic では、圧縮ファイルまたは暗号化ファイルのインポートやエクスポートが可能です。

これらの操作は、活用するデータに前処理段階を適用することで、ワークフロー内で実行されます。

詳しくは、以下の節を参照してください。

ベストプラクティスとトラブルシューティング

データベース内のデータの一貫性を確保し、更新操作時やエクスポート操作時によく発生するエラーを避けるために、インポート操作とエクスポート操作を実行する際は、いくつかのベストプラクティスに従ってください。

また、SFTP サーバーの使用に関する推奨事項とよくある問題については、この節を参照してください。

このページ