一般的なインポートおよびエクスポート

Adobe Campaign には、顧客または(例えば、ターゲティング操作の後に)ターゲット母集団に含まれる予定の見込み客のリストを簡単に抽出するためのデータエクスポートモジュールが用意されています。

また、外部ファイルのデータをデータベースに取り込むことができるインポートモジュールもあります。

メモ

エクスポートとインポートは、ワークフローで「インポート」アクティビティおよび「エクスポート」アクティビティ経由で実行される専用のテンプレートで設定します。これらのキャンペーンは、例えば複数の情報システム間でデータ交換を自動化するために、スケジュールに従って自動的に繰り返すことができます。必要に応じて、Adobe Campaign ツリーの​プロファイルとターゲット/ジョブ/一般的なインポートおよびエクスポート​ノードを使用して、不定期のインポートまたはエクスポートを作成できます。

次の操作をおこなうことができます。

  • インポートまたはエクスポートテンプレートを作成して設定します(以下を参照)。
  • インポートまたはエクスポートの作成については、データのエクスポートまたはデータのインポートを参照してください。
  • インポートまたはエクスポートを開始して、その実行を監視します。実行のトラッキングを参照してください。
注意

Campaign でのデータのインポートはデータの一貫性を確保し、効率性を向上させるために、ワークフロー経由で実行するようにしてください。詳しくは、データのインポートインポートのベストプラクティスインポートテンプレートの例の各節を参照してください。

ビデオでこの機能を確認する

ジョブテンプレートの作成

インポートおよびエクスポートテンプレートは、Adobe Campaign ツリーの​リソース/テンプレート/ジョブテンプレート​ディレクトリに保存されています。

このディレクトリには、デフォルトで 3 つのインポートテンプレートと 1 つのエクスポートテンプレートがあります。これらを変更することはできません。これらを複製して独自のテンプレートを作成するか、新規/インポートテンプレート​または​エクスポートテンプレート​メニューを使用して新しいテンプレートを作成できます。

プロセステンプレートの作成手順は、エクスポートウィザードおよびインポートウィザードで説明しています。

メモ

ネイティブテンプレートの「ブロックリストをインポート」は、ブロックリストに追加された E メールアドレスのリストをインポートするように既に設定されています。

新しいテキストのインポート」および「新しいテキストのエクスポート」テンプレートを使用して、インポートまたはエクスポートをゼロから設定することができます。

新しいインポート/エクスポートの作成

テンプレートの設定後、Adobe Campaign の複数のコンテキストでインポートおよびエクスポート操作を開始することができます。

いずれの操作でも、インポートまたはエクスポートウィザードが開きます。

  • Adobe Campaign ワークスペースの「プロファイルとターゲット」セクションで、「ジョブ」リンクをクリックします。これにより、既存のインポートおよびエクスポートのリストが表示されます。

    作成」ボタンをクリックして、実行するジョブのタイプを選択します。

  • ワークスペースの「監視」セクションからインポートおよびエクスポートを開始することもできます。2 つの専用リンクを使用して、インポートまたはエクスポートを直接開始できます。

  • インポートおよびエクスポートは、Adobe Campaign エクスプローラーから開始することもできます。

    データをエクスポートまたはインポートするには、プロファイルとターゲット/ジョブ/一般的なインポートおよびエクスポート​ノードをクリックしてから​新規​アイコンをクリックし、「エクスポート」または「インポート」を選択します。これにより、適切なウィザードが開きます。

実行のトラッキング

このエディターの上部セクションで、実行のトラッキングを表示できます。エクスポートウィザードを閉じ、インポートまたはエクスポートジョブのリストを使用してジョブの実行を表示できます。

  • ジャーナル」タブでは、実行に関するログメッセージを確認できます。
  • 却下」タブには、却下されたレコードが表示されます。エラーの場合の動作を参照してください。
メモ

インポートまたはエクスポートジョブのステータスについて詳しくは、ジョブステータスで説明しています。

このページ