Campaign と Microsoft Dynamics 365 の接続

このページでは、Campaign Classic を Microsoft Dynamics CRM 365 に接続する方法について説明します。

Web API を使用したデプロイメントが可能です(推奨)。 Microsot Dynamics との接続を設定する手順については、以下の節を参照してください。

データ同期は、専用のワークフローアクティビティを使用して実行します。 詳細情報

実装手順

Web API を介して Adobe Campaign と連携するように Microsoft Dynamics 365 に接続するには、次の手順を適用する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 内:

  1. Microsoft Dynamics クライアント ID の取得
  2. Microsoft Dynamics 証明書キー識別子およびキー ID の生成
  3. 権限の設定
  4. アプリユーザーの作成
  5. 秘密鍵のエンコード

詳しくは、この節を参照してください

Campaign Classic 内:

  1. 新しい外部アカウントの作成
  2. Microsoft Dynamics 設定を使用した外部アカウントの設定
  3. 設定ウィザードを使用したテーブルのマッピングと列挙の同期
  4. 同期ワークフローの作成

詳しくは、この節を参照してください

注意

Adobe Campaign を Microsoft Dynamics に接続する場合、次のことはできません。

  • CRM の動作が変わり Adobe Campaign との互換性の問題が生じる可能性があるプラグインのインストール
  • 複数の列挙の選択

Microsoft Dynamics CRM の設定

アカウントをセットアップするためのアクセストークンとキーを生成するには、グローバル管理者​の資格情報を使用して Microsoft Azure Directory にログインする必要があります。 次に、以下に示す手順に従います。

Microsoft Dynamics クライアント ID の取得

クライアント ID を取得するには、Azure Active Directory にアプリを登録する必要があります。 クライアント ID はアプリケーション ID と同じです。

  1. Azure Active Directory/アプリ登録​に移動し、「新しいアプリケーションの登録」をクリックします。
  2. adobecampaign<instance identifier> など、インスタンスの識別に役立つ一意の名前を指定します。
  3. アプリケーションの種類」を web アプリ/API として選択します。
  4. サインオン URL」には http://localhost を使用します。

保存すると、Campaign のクライアント識別子である​アプリケーション ID が取得されます。

詳しくは、こちらのページを参照してください。

Microsoft Dynamics 証明書キー識別子およびキー ID の生成

証明書キー識別子(customKeyIdentifier)​と​キー ID(keyId)​を取得するには、次の手順に従います。

  1. Azure Active Directory/アプリ登録​に移動し、以前に作成されたアプリケーションを選択します。

  2. 証明書とシークレット」をクリックします。

  3. 証明書をアップロード」をクリックし、生成された公開証明書を参照してアップロードします。

  4. 証明書を生成するには、OpenSSL を使用します。

    例:

    - openssl req -x509 -sha256 -nodes -days 365 -newkey rsa:2048 -keyout '<'private key name'>' -out '<'public certificate name'>
    
    メモ

    コードサンプルの -days 365 で日数を変更することで、証明書の有効期間を延長することができます。

  5. その後、base64 でエンコードする必要があります。 それには、Base64 エンコーダーを利用するか、Linux の場合はコマンドライン base64 -w0 private.key を使用します。

  6. マニフェスト」リンクをクリックして、証明書キー識別子(customKeyIdentifier)​と​キー ID(keyId)​を取得します。

証明書キー識別子(customKeyIdentifier)​と​キー ID(keyId)​は、後で「CRM O-Auth タイプ」として「証明書」を使用して Microsoft Dynamics CRM 外部アカウントを設定する際に必要になります。

権限の設定

手順 1:作成したアプリに​必要な権限​を設定する

  1. Azure Active Directory/アプリ登録​に移動し、以前に作成されたアプリケーションを選択します。

  2. 左上の「設定」をクリックします。

  3. 必要な権限」で、「追加」と API/Dynamics CRM オンライン​をクリックします。

  4. 選択」をクリックし、「組織ユーザーとして Dynamics 365 にアクセス」チェックボックスを有効にして、「選択」をクリックします。

  5. 次に、アプリから​管理​メニューの下の​マニフェスト​を選択します。

  6. マニフェスト​エディターで、allowPublicClient プロパティを null から true に設定し、「保存」をクリックします。

手順 2:管理者の同意を付与する

  1. Azure Active Directory/エンタープライズアプリケーション​に移動します。

  2. テナント全体での管理者の同意を付与するアプリケーションを選択します。

  3. 左側のペインメニューから、「セキュリティ」の下の「権限」を選択します。

  4. 管理者の同意の付与」をクリックします。

詳しくは、Azure のドキュメントを参照してください。

アプリユーザーの作成

メモ

この手順は、パスワード資格情報​認証ではオプションです。

アプリユーザーとは、上で登録したアプリケーションで使用するユーザーです。 上記の登録済みのアプリを使用して Microsoft Dynamics に対しておこなった変更は、このユーザーを通じておこなわれます。

手順 1:Azure Active Directory に非インタラクティブユーザーを作成する

  1. Azure Active Directory/ユーザー​をクリックし、「新しいユーザー」をクリックします。
  2. 使用する適切な名前を指定し、ユーザー名は E メールフォーマットにする必要があります。
  3. ディレクトリロール​の Dynamics 365 管理者​を選択します。

手順 2:作成したユーザーに適切なライセンスを割り当てる

  1. Microsoft Azure から、「管理者アプリ」をクリックします。
  2. ユーザー/アクティブなユーザー​に移動し、新しく作成したユーザーをクリックします。
  3. 製品ライセンスを編集」をクリックし、Dynamics 365 顧客エンゲージメントプラン​を選択します。
  4. 閉じる」をクリックします。

手順 3:Dynamics CRM でアプリケーションユーザーを作成する

  1. Microsoft Azure から、設定/セキュリティ/ユーザー​に移動します。

  2. ドロップダウンをクリックし、「アプリケーションユーザー」を選択して「新規」をクリックします。

  3. 上の Active Directory に作成されたユーザーと同じユーザー名を使用します

    メモ

    同じ名前を使用すると、重複キーエラーがスローされるので、この手順が必要かどうかの確認が得られるまで、別のユーザー名を使用して先に進みます。

  4. アプリケーション ID以前に作成したアプリケーションに割り当てます。

  5. ロールの管理」をクリックし、ユーザーに対して​システム管理者​ロールを選択します。

Campaign の設定

メモ

Microsoft の RDS の廃止後、オンプレミス型および Office 365 型の CRM デプロイメントは Campaign との互換性がなくなりました。Adobe Campaign では、CRM バージョンの Dynamic CRM 365 について、Web API デプロイメントのみをサポートするようになりました。 詳細情報

Microsoft Dynamics 365 と Campaign を接続するには、Campaign で専用の​外部アカウント​を作成し設定する必要があります。

  1. 管理/プラットフォーム/外部アカウント​に移動します。

  2. Microsoft Dynamics CRM」タイプの外部アカウントを選択します。 「有効」オプションをオンにします。

  3. Microsoft Dynamics 365 と Campaign の接続に必要な情報を入力します。

    メモ

    CRM O-Auth タイプ​ごとの Microsoft Dynamics CRM 外部アカウントの設定について詳しくは、この節を参照してください。

  4. Microsoft CRM 設定ウィザード…」リンクをクリックします。Adobe Campaign が Microsoft Dynamics データテンプレートからテーブルを自動的に検出します。

  5. 復元するテーブルを選択します。

  6. 次へ」をクリックして、対応するスキーマの作成を開始します。

    メモ

    設定を承認するには、Adobe Campaign コンソールからいったん切断し、再接続する必要があります。

    一致するデータスキーマが Adobe Campaign で使用可能になったことを確認できます。

  7. 列挙を同期」リンクをクリックし、Adobe Campaign と Microsoft Dynamics 間の列挙の同期を開始します。

これで Campaign と Microsoft Dynamics が接続されました。 2 つのシステム間でデータの同期を設定できます。 詳しくは、データ同期の節を参照してください。

メモ

サーバー設定で 2 つの URL(サーバー URL と login.microsoftonline.com)を許可リストに追加する必要があります。

サポートされているフィールドデータタイプ

Microsoft Dynamics 365 でサポートされる/サポートされない属性タイプは、次のとおりです。

属性タイプ サポート対象
基本型:ブール、日時、小数、浮動小数点数、倍精度浮動小数点数、整数、bigint、文字列 はい
金額(倍精度浮動小数点数) はい
memo、entityname、primarykey、uniqueidentifier(文字列) はい
ステータス、ピックリスト(使用可能な値を列挙型に格納)、ステート(文字列) はい
所有者(文字列) はい
ルックアップ(単一のエンティティ参照ルックアップのみ) はい
顧客 いいえ
関連 いいえ
PartyList いいえ
ManagedProperty いいえ

このページ