コネクタの基本を学ぶ

Adobe Campaign には、外部アプリケーションとの通信、データベースエンジンとの接続、Adobe Analytics との統合によるデータ共有を可能にするいくつかのコネクタが用意されています。

使用可能なコネクタは次のとおりです。

  • FDA コネクタ(Federated Data Access)を使用すると、Campaign を 1 つ以上の外部データベースに接続して、Campaign データに影響を与えることなく、それらに格納された情報を処理できます。詳細情報
  • CRM コネクタを使用すると、専用のワークフローアクティビティを使用した Adobe Campaign と CRM ソリューション間でデータを交換できます。詳細情報
  • Analytics コネクタを使用すると、Adobe Campaign と Adobe Analytics との間でデータを共有できます。詳細情報

また、Campaign を次のような他の複数のシステムと統合できます。

  • Adobe Experience Cloud ソリューション:Adobe Experience Manager、Adobe Target、Adobe Audience Manager、Experience Cloud トリガーなど。さらに詳しく
  • Adobe IMS/SSO(Campaign インスタンスに安全にアクセスし、他の Adobe Experience Cloud ソリューションと同じ Adobe ID を使用して Adobe Campaign に接続)。詳細情報
  • LDAP ディレクトリ(アクセス管理を統合)。詳細情報
メモ

これらのモジュールの使用可否と使い方は、インストール構成のデプロイメントタイプによって異なります。Campaign オンプレミス - ホスト機能マトリックスを参照してください。

このページ