分散型マーケティングの概要

Adobe Campaign では、セントラルエンティティ(本社、マーケティング部門など)とローカルエンティティ(店舗、地域のエージェントなど)が協調キャンペーンを展開できる、分散型マーケティング​アプリケーションを活用できます。この連携のベースとなるのは、キャンペーンパッケージのリスト​と呼ばれる共有ワークスペースです。セントラルエンティティで作成されたキャンペーンのテンプレートやインスタンスは、このワークスペース上でローカルエンティティに提供されます。

セントラルエンティティは、ローカルエンティティに提供するキャンペーンをセットアップし、ローカルキャンペーンまたは協調キャンペーンのいずれかのパッケージを作成します。ローカルエンティティがキャンペーンを使用するには、キャンペーンをオーダーし、承認を受けなければなりません。

注意

分散型マーケティングモジュールは、キャンペーン​のオプションとして提供されます。使用許諾契約書を確認してください。

用語

  • セントラルエンティティ

    セントラルエンティティは、マーケティングのオペレーターによって構成されます。コミュニケーションを指定し、ローカルエンティティによるマーケティングキャンペーンの展開をサポートする役割を果たします。

    分散型マーケティングモジュールでは、セントラルエンティティは次の操作を実行できます。

    • ローカルエンティティに提供するマーケティングキャンペーンのパッケージをセットアップします。
    • 顧客/見込み客とのコミュニケーション、ターゲティング、コンテンツの選定などに関して、ローカルエンティティの裁量範囲を広げます。
    • コストを管理し、コントロールします。
    • エージェントのネットワークを管理します。
  • ローカルエンティティ

    ローカルエンティティは、エージェント、店舗または特定のローカルオペレーターグループ(国または地域のマネージャー、ブランドマネージャーなど)です。

    分散型マーケティングでは、実行コストを最適化しつつ、ローカルエンティティにより大きな裁量を与えることができます。

  • ローカライゼーション

    ローカライゼーションにより、ローカルエンティティはキャンペーンのターゲットやコンテンツに変更を加えることができます。どの程度のローカライゼーションが可能かは、キャンペーンのタイプや実装によって異なります。

  • キャンペーンパッケージのリスト

    キャンペーンパッケージのリストには、ローカルエンティティで使用できるキャンペーンが含まれます。

  • Campaign パッケージ

    セントラルエンティティが作成し、一連のローカルエンティティで使用できるようになったテンプレート(またはキャンペーンインスタンス)です。

  • ローカルキャンペーン

    ローカルキャンペーンとは、キャンペーンパッケージ​のリストで参照されているテンプレートから作成されたインスタンスであり、実行スケジュール​を指定できます。ローカルキャンペーンの目的は、セントラルエンティティによって設定されたテンプレートを使用して、ローカルのコミュニケーションのニーズを満たすキャンペーンを展開することです。

    ローカルエンティティの自立度は実装によって異なります。

    ローカルキャンペーンの作成を参照してください。

  • 共同キャンペーン

    協調キャンペーンは、ローカルエンティティが使用できるキャンペーンです。ただし、実行スケジュールはセントラルエンティティによって定義​されます。すべてのローカルエンティティに同じコンテンツが提供されますが、コストは共有です。ローカルエンティティが協調キャンペーンに参加するには、登録が必要です。

    • 協調キャンペーン(フォーム):最大 300 までのローカルエンティティが参加するキャンペーンに最適です。ローカルエンティティは、ターゲティングやコンテンツのパーソナライゼーションに使用する事前定義パラメーターを Web フォームで入力できます。Web フォームは、Adobe Campaign のフォームまたは外部のフォーム(エクストラネットのクライアント)のいずれかです。機能管理者は、インテグレーターによって定義されたフォームテンプレートに基づいて、フォームを定義および設定できます。Web へのアクセスが可能であれば、ローカルエンティティはキャンペーンをオーダーできます。
    • 協調キャンペーン(キャンペーン):数十のローカルエンティティが参加するキャンペーンに最適です。このタイプのキャンペーンでは、ローカルエンティティごとに子キャンペーンが作成されます。セントラルエンティティが​協調キャンペーン(キャンペーン)​を承認すると、ローカルエンティティはキャンペーンを変更できるようになります。親キャンペーンと子キャンペーンの実行は、自動的に同期されます。ローカルエンティティがキャンペーンをオーダーし、キャンペーンに参加するには、インスタンスへのアクセス権が必要です。
    • 協調キャンペーン(ターゲットの承認):数千のローカルエンティティが参加するキャンペーンに最適です。ローカルエンティティは、セントラルエンティティによってあらかじめ定義された連絡先リストを受け取り、ローカルエンティティは、特定の連絡先を保持するかどうかを、キャンペーンコンテンツに基づいて Web フォームで指定します。選択した連絡先のリストからローカルエンティティが推定されます。Web へのアクセスが可能であれば、ローカルエンティティはキャンペーンに参加できます。
    • 協調キャンペーン(シンプル):このモードでは、旧バージョンの特定の実行プロセスとの互換性を確保できます。

    協調キャンペーンの作成を参照してください。

キャンペーンパッケージの順序

ローカルエンティティをキャンペーンに登録する場合は、キャンペーンのローカライゼーションに関連するすべての情報を再度グループ化する順序でおこなわれます。

ワークスペース

キャンペーンパッケージのリストには、「キャンペーン 」タブからアクセスできます。「キャンペーンパッケージ」リンクをクリックします。

ローカルオペレーターには、ローカルエージェントが使用できるキャンペーンが表示されます。

セントラルエージェントには、キャンペーンパッケージのリストに含まれるすべてのパッケージと、リストを編集するためのリンクが表示されます。

オペレーターとエンティティ

まず始めに、アクセス管理​フォルダーで、セントラルエンティティおよびローカルエンティティのオペレーターを指定します。

オペレーター

セントラルオペレーターとローカルオペレーターを作成します。

セントラルオペレーターは、セントラル管理​オペレーターグループに属しているか、セントラル処理​のネームド権限を有している必要があります。

ローカルオペレーターは、ローカル管理​オペレーターグループに属しているか、ローカル処理​のネームド権限を有している必要があります。また、ローカルオペレーターは、ローカルエンティティに関連付けられている必要があります。

組織エンティティ

組織エンティティを作成するには、管理/アクセス管理/組織エンティティ​ノードをクリックし、エンティティのリストの上にある「新規」アイコンをクリックします。

各組織エンティティには、識別情報(ラベル、内部名、連絡先情報など)とオーダーの承認プロセスに関係するグループの情報が格納されます。これらの情報は、「一般」タブの「通知と承認」セクションで定義されます。

  • パッケージの通知グループを定義します。このグループのオペレーターは、キャンペーンパッケージのリストに新しいパッケージが追加されるか、キャンペーンの提供が開始されるたびに通知を受け取ります。
  • オーダーを承認するレビュー担当者のグループを選択します。このグループは、ローカルエンティティによってオーダーされたキャンペーンの承認を担当します。
  • 最後に、ローカルキャンペーン(ターゲット、コンテンツ、予算など)を承認するレビュー担当者のグループを選択します。このグループは、テンプレートによってはキャンペーンのオーダー時に追加できます。
メモ

承認プロセスについては、承認プロセスの節で説明しています。

実装

分散型マーケティングのキャンペーンは、セントラルエンティティによって作成およびパブリッシュされます。作成されたキャンペーンは、必要に応じて、ローカルとセントラルの両方のエンティティを使用できます。

実装の手順は、使用するキャンペーンパッケージのタイプとローカルエンティティのデリゲーションレベルによって異なります。

インテグレーターのタスク

  1. ローカルエンティティを作成します。

  2. ローカルエンティティを管理するオペレーターに受信者をリンクします。

  3. ローカルエンティティの権限と参照ルールを指定します。

  4. キャンペーンのローカライゼーションで使用される次の情報を指定します。

    • ターゲットの定義と最大サイズ
    • コンテンツ定義
    • 実行スケジュール(コンタクト日と抽出日)。ローカルオペレーターのみ
    • オーダースキーマの拡張(その他の必要なフィールドすべて)
  5. Web フォーム(アドビ内部またはエクストラネット上)を作成します。Web フォームでは、ローカライゼーションパラメーターの表示、ターゲットと予算の評価に加え、コンテンツのプレビューやオーダーの承認をおこなえます。

    (ターゲット承認による)共同キャンペーン​の場合、各ローカルエンティティの承認が保存されるテーブルを作成します。

職務管理者のタスク

以下の手順は、各キャンペーンの作成時に実行する必要があります。

  1. キャンペーンのローカライゼーションに使用されるフィールドで、フォームを更新します。
  2. 適切なキャンペーンテンプレートからインスタンス(協調キャンペーン)を作成するか、キャンペーンテンプレートの複製(ローカルキャンペーン)を作成します。
  3. ローカライゼーションフィールドとフォームの参照を指定して、キャンペーンを設定します。
  4. キャンペーンをパブリッシュします。

ローカルオペレーターのタスク

以下の手順は、キャンペーンごとに実行する必要があります。

  1. 使用可能なキャンペーンパッケージについて通知を受け取ったら、キャンペーンのロケーション(オプション)を指定します。
  2. ターゲットや予算などを評価します。
  3. キャンペーンのコンテンツをプレビューします。
  4. キャンペーンをオーダーします。

このページ