Web アプリケーションの新規作成

作成時に web アプリケーションタイプが選択されます。

キャンペーン」タブに移動し、web アプリケーション​メニューを選択します。「作成」ボタンをクリックします。使用する web アプリケーションテンプレートを選択します。

メモ

個人情報を含む可能性のあるページは常に保護してください。セキュリティおよびプライバシーチェックリストを参照してください。

このテンプレートにより、web アプリケーションタイプが決まります。以下を作成できます。

  1. web フォーム(+ プロファイル変更)

    入力フィールドや選択フィールドを備えた web ページを作成できます。ユーザーが入力した情報は Adobe Campaign データベースに格納できます。詳しくは、web フォームを参照してください。

  2. web アプリケーション

    web プラットフォームやエクストラネットなどに公開する web アプリケーションを作成できます。これにより、データの編集や情報の記録を Adobe Campaign 内でおこなえるようになります。その際、アクセス制御を適用して認証済みユーザーのみがアクセスできるようにしたり、様々な条件に基づいてデータをあらかじめ読み込む機能を設定したりできます。詳しくは、この節を参照してください。

  3. ランディングページ

    ランディングページは、web サイト上でコンテンツを利用できる HTML ページで、Adobe Campaign データベースプロファイルに保存される情報をユーザーから受け付けるための場になります。この種のページのコンテンツは、通常は専門の web 業者によって制作されます。制作されたコンテンツが Adobe Campaign にインポートされ、公開、管理、フォローアップがおこなわれます。詳しくは、このページを参照してください。

  4. 調査

    調査マネージャー​オプションを使用すると、Adobe Campaign でオンライン調査を設計および管理して、結果を処理することができます。動的なフィールド作成、スコア管理、回答および専用レポートのエクスポートなどをおこなうことができます。詳しくは、この節を参照してください。

    注意

    調査マネージャー​は、オプションの Adobe Campaign モジュールです。使用許諾契約書を確認してください。

  5. Facebook アプリケーション

    Social Marketing オプションを使用すると、Adobe Campaign で Facebook アプリケーションの個人用コンテンツを公開できます。詳しくは、この節を参照してください。

    注意

    Social Marketing は、オプションの Adobe Campaign モジュールです。使用許諾契約書を確認してください。

ページ設定モードおよび利用可能な設定は、いくつかの web アプリケーションタイプで同一です。詳しくは、この節を参照してください。

このページ