シードアドレス

受信者テーブルがカスタムテーブルの場合は、追加の設定が必要です。 nms:seedMember​スキーマを拡張する必要があります。 以下に示すように、適切なフィールドを定義するためのタブがシードアドレスに追加されます。

シードアドレスの使い方の詳細は、このを参照してください。

実装

nms:seedMember​スキーマと、あらかじめ用意されているリンクされたフォームは、すべての必要なフィールドを参照するように、顧客の設定用に拡張する必要があります。 スキーマ定義には、その設定モードに関するコメントが含まれています。

受信者テーブル拡張スキーマの定義:

<srcSchema label="Person" name="person" namespace="cus">
  <element autopk="true" label="Person" name="person">
      <attribute label="LastName" name="lastname" type="string"/>
      <attribute label="FirstName" name="firstname" type="string"/>
    <element label="Address" name="address">
      <attribute label="Email" name="addrEnv" type="string"/>
    </element>
    <attribute label="Code Offer" name="codeOffer" type="string"/>
  </element>
</srcSchema>

次の手順に従います。

  1. nms:seedMember​スキーマの拡張子を作成します。 詳しくは、スキーマの拡張を参照してください。

  2. この新しい拡張機能では、次のパラメーターを使用して、seedMember​のルートに新しい要素を追加します。

    name="custom_customNamespace_customSchema"
    

    このキャンペーンには、要素の書き出しに必要なフィールドが含まれている必要があります。 これらのフィールドは、外部スキーマの対応するフィールドと同じ名前にする必要があります。 例えば、スキーマが​cus:person​の場合、nms:seedMember​スキーマは次のように拡張する必要があります。

      <srcSchema extendedSchema="nms:seedMember" label="Seed addresses" labelSingular="Seed address" name="seedMember" namespace="cus">
      <element name="common">
        <element name="custom_cus_person">
          <attribute name="lastname" template="cus:person:person/@lastname"/>
          <attribute name="firstname" template="cus:person:person/@firstname"/>
          <attribute name="email" sqlname="myEmailField" template="cus:person:person/address/@addrEnv" xml="false"/>
        </element>
      </element>
      <element name="seedMember">
       <element aggregate="cus:seedMember:common"/>
      </element>
    </srcSchema>
    
    メモ

    nms:seedMember​スキーマの拡張は、Adobe Campaign内のキャンペーンと配信の構造に従う必要があります。

    重要
    • 拡張時に、「email」フィールドに​SQL名(@sqlname)​を指定する必要があります。 SQL名は、受信者スキーマ用に予約されている'sEmail'と異なる必要があります。
    • nms:seedMember​を拡張する際に作成したスキーマを使用して、データベース構造を更新する必要があります。
    • nms:seedMember​拡張子の中で、電子メールアドレスを含むフィールドの属性は​name=“email”​にする必要があります。 SQL名は、受信者スキーマで既に使用されている「sEmail」とは異なる名前にする必要があります。 この属性は​**<element name="custom_cus_person" />**​要素の下で直ちに宣言する必要があります。
  3. seedMember​のフォームを変更し、それに応じて​シードアドレス​ウィンドウの新しい「内部受信者」タブを定義します。 詳しくは、フォーム構造を参照してください。

    <container colcount="2" label="Internal recipient" name="internal"
                 xpath="custom_cus_person">
        <input colspan="2" editable="true" nolabel="true" type="treeEdit">
          <container label="Recipient (cus:person)">
            <input xpath="@last name"/>
            <input xpath="@first name"/>
            <input xpath="@email"/>
          </container>
        </input>
      </container>
    

シードアドレスの属性をすべて入力しない場合、Adobe Campaignは自動的にプロファイルを置き換えます。既存のプロファイルのデータを使用したパーソナライゼーション時に、自動的に入力されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now