レポートの管理

カスタムテーブルと、ターゲットマッピングを介してリンクされたテーブルのデータを考慮するために、デフォルトのAdobe Campaign受信者(nm:受信者またはスキーマリンク)に固有のスキーマに基づくレポートを再開発する必要があります(ターゲットマッピングの節を参照)。

新しいレポートを作成する方法については、このセクションを参照してください。

場合によっては、これらのテーブルに固有の新しいキューブも配置する必要があります。 キューブの詳細はこのセクションに記載されています。

以下のレポートが対象となります。

  • 最近の提案の追跡 (recentPropositions):リアルタイム提案トラッキング。
  • opens (opensByUserAgent)の分類:ユーザーソフトウェアに従って分類されて開きます。
  • 共有アクティビティ (forwardActivities)の統計:アクティビティ、開く、購読を期間ごとに共有する分析。
  • 追跡インジケーター (mobileAppDeliveryFeedback):モバイルアプリケーションの配信用の追跡インジケーター。
  • オファー分析 (offerAnalysis):日付とチャネルごとのオファー分析。
  • 反応率 (mobileAppDistribution):最新の配信の反応率。
  • 購読の分類 (mobileAppDistribution):モバイルアプリケーションごとのアクティブな購読の分類。

このページ