追加パラメーター

パラメータの定義

Adobe Campaignプラットフォームでは、2つのトランザクションタイプWebトラッキングパラメーターが標準として提供されています。

  • :トランザクションの金額を表します。
  • 記事:トランザクション内の品目数を表します。

これらのパラメーターは​nms:webTrackingLog​スキーマで定義され、レポートに表示される指標の一部です。

追加のパラメーターを定義するには、このスキーマを拡張する必要があります。

<srcSchema extendedSchema="nms:webTrackingLog" label="Web Tracking"
           mappingType="sql" name="webTrackingLog" 
           namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">

  <element name="webTrackingLog">
    <attribute desc="Payment method" label="Payment method" length="10" name="mode" type="string"/>
    <attribute desc="Offer code" label="Offer code" length="5" name="code" type="string"/>
  </element>
</srcSchema>

(配信または受信者の)トラッキングログリストを設定して、これらのパラメーターの値を表示できます。

リダイレクションサーバーの構成

サーバーの設定で、Webトラッキングパラメーターに使用する最大文字数を定義できます。

重要

考慮する最大文字数を増やすと、プラットフォームのWebトラッキングパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

これをおこなうには、serverConf.xml​ファイルの​<trackinglogd>​要素の​webTrackingParamSize​属性を変更します。 このファイルは、Adobe Campaignインストールディレクトリの​conf​サブディレクトリに保存されます。

デフォルト値は64文字です。 この値を使用すると、amount​および​article("amount=xxxxxxx&article=xxxxxxxx")標準パラメーターを考慮に入れることができます。

上記の拡張スキーマの例で示した両方のパラメーター(名前のサイズ+値のサイズ)を考慮することで、100文字を考慮に入れるように設定を変更できます(「amount=xxxxxxxxx&article=xxxxxxx&mode=xxxxxxxxxxxxxxxx&code=xxx」)。

<trackinglogd args="" autoStart="false" initScript="" maxCreateFileRetry="5" maxLogsSizeOnDiskMb="500"
maxProcessMemoryAlertMb="1800" maxProcessMemoryWarningMb="1600" maxSharedLogs="25000"
processRestartTime="06:00:00" purgeLogsPeriod="50000" runLevel="10"
webTrackingParamSize="64"/>

設定を変更した場合は、次の操作を行う必要があります。

  • リダイレクトモジュールをホストするWebサーバー(Apache、IISなど)を停止します。

  • Adobe Campaignサーバーを停止します。Windowsでは net stop nlserver6 、Linuxでは/etc/init.d/nlserver6 stop

    メモ

    20.1以降では、代わりに次のコマンドを使用することをお勧めします(Linuxの場合)。systemctl stop nlserver

  • Linuxでは、ipcrm​コマンドを使用して共有メモリセグメントを削除します。

  • Adobe Campaignサーバーを再起動します。Windowsでは/etc/init.d/nlserver6 start 、Linuxではnet start nlserver6

    メモ

    20.1以降では、代わりに次のコマンドを使用することをお勧めします(Linuxの場合)。systemctl start nlserver

  • Webサーバーを再起動します。

:Linuxでの設定を考慮して

adobe@selma:~$ systemctl stop nlserver
adobe@selma:~$ systemctl stop apache2
adobe@selma:~$ ipcs shm

------ Shared Memory Segments --------
key        shmid      owner      perms      bytes      nattch     status      
0x52020679 2097153    adobe   666        93608      8                       

------ Semaphore Arrays --------
key        semid      owner      perms      nsems     
0x52020678 4227081    adobe   666        1         

------ Message Queues --------
key        msqid      owner      perms      used-bytes   messages    

adobe@selma:~$ ipcrm shm 2097153                             
1 resource(s) deleted
adobe@selma:~$ systemctl start nlserver
adobe@selma:~$ systemctl start apache2
メモ

Linuxの場合、webTrackingParamSize​または​maxSharedLogs​パラメーターのサイズを大きくすると、共有メモリ(SHM)のサイズを大きくする必要が出る場合があります。

このページ