定義済みリスト要素

コンテンツモデル

定義済みリスト:==(help| value)

属性

  • @basetype(文字列)
  • @default(文字列)
  • @desc (文字列)
  • @label(文字列)
  • @name(文字列)
  • @template (string)

<srcschema>

  • <help>
  • <value>

説明

この要素を使用して、値の定義済みリストを定義できます。 定義済みリストは、で定義されているスキーマに属していますが、別のスキーマを介してアクセスできます。

使用と使用のコンテキスト

定義済みリストは、スキーマの開始時(メイン要素が定義される前)に定義されます。

属性の説明

  • basetype (string):定義済みリストに格納される値のタイプ。

    使用可能なタイプのリスト:

    • いずれか
    • bin
    • blob
    • boolean
    • バイト
    • CDATA
    • datetime
    • datetimetz
    • datetimenotz
    • date
    • DOMDocument
    • DOMElement
    • 重複
    • 列挙
    • float
    • html
    • int64
    • link
    • 長い
    • メモ
    • MNTOKEN
    • percent
    • primarykey
    • short
    • 文字列
    • 時間
    • 間隔
    • uuid
  • default(文字列):デフォルト値。デフォルト値は、定義済みリストで定義されている値の1つでもかまいません。

  • desc(文字列):定義済みリストの説明。

  • label (string):定義済みリストラベル

  • name(文字列):定義済みリストの内部名。

  • template (string):この属性は、複数のスキーマが共有する <enumeration> 要素への参照を定義します。定義は自動的に現在のスキーマにコピーされます。

データベースに値が格納される定義済みリスト値の例:

    <enumeration name="myEnum">
       <value name="One" value="1"/>
       <value name="Two" value="2"/>
    </enumeration>

    <element label="Sample" name="Sample">
       <attribute dbEnum="myEnum" length="100" name="Number" required="true" type="string"/>
    </element>

デフォルト値を持つ定義済みリストの定義:

 <enumeration basetype="byte" default="email" name="canal">
    <value label="Email" name="email" value="0"/> 
    <value label="Téléphone" name="phone" value="1"/>
    <value label="Call Center" name="callcenter" value="2"/>
 </enumeration>

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now