定義済みリスト要素

コンテンツモデル

定義済みリスト:==(help| value)

属性

  • @basetype(文字列)
  • @default(文字列)
  • @desc (文字列)
  • @label(文字列)
  • @name(文字列)
  • @template (string)

<srcschema>

  • <help>
  • <value>

説明

この要素を使用して、値の定義済みリストを定義できます。 定義済みリストは、で定義されているスキーマに属していますが、別のスキーマを介してアクセスできます。

使用と使用のコンテキスト

定義済みリストは、スキーマの開始時(メイン要素が定義される前)に定義されます。

属性の説明

  • basetype (string):定義済みリストに格納される値のタイプ。

    使用可能なタイプのリスト:

    • いずれか
    • bin
    • blob
    • boolean
    • バイト
    • CDATA
    • datetime
    • datetimetz
    • datetimenotz
    • date
    • DOMDocument
    • DOMElement
    • 重複
    • 列挙
    • float
    • html
    • int64
    • link
    • 長い
    • メモ
    • MNTOKEN
    • percent
    • primarykey
    • short
    • 文字列
    • 時間
    • 間隔
    • uuid
  • default(文字列):デフォルト値。デフォルト値は、定義済みリストで定義されている値の1つでもかまいません。

  • desc(文字列):定義済みリストの説明。

  • label (string):定義済みリストラベル

  • name(文字列):定義済みリストの内部名。

  • template (string):この属性は、複数のスキーマが共有する <enumeration> 要素への参照を定義します。定義は自動的に現在のスキーマにコピーされます。

データベースに値が格納される定義済みリスト値の例:

    <enumeration name="myEnum">
       <value name="One" value="1"/>
       <value name="Two" value="2"/>
    </enumeration>

    <element label="Sample" name="Sample">
       <attribute dbEnum="myEnum" length="100" name="Number" required="true" type="string"/>
    </element>

デフォルト値を持つ定義済みリストの定義:

 <enumeration basetype="byte" default="email" name="canal">
    <value label="Email" name="email" value="0"/> 
    <value label="Téléphone" name="phone" value="1"/>
    <value label="Call Center" name="callcenter" value="2"/>
 </enumeration>

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free