計算文字列要素

コンテンツモデル

compute-string:==EMPTY

属性

@expr

<element>

なし

説明

<compute-string>要素を使用すると、XTK式に基づく文字列を生成し、いくつかの値に基づいて「組み込み」ラベルをインターフェイスに表示できます。

使用と使用のコンテキスト

<compute-string>が定義されていない場合、デフォルトでは、スキーマの主キーの値を使用して<compute-string>要素が入力されます。

属性の説明

  • expr(文字列):XTKやXpathの式

<compute-string expr="@label + Iif(@code='','', ' (' + [folder/@label] + ')')"/>  
<compute-string expr="ToString([@centralCatalog-id]) + ',' + ToString([@localOrgUnit-id])" />

受信者で計算された文字列の結果:"John Doe (john.doe@aol.com)":

<element name="recipient">
<compute-string expr="@lastName + ' ' + @firstName +' (' + @email + ')'
"/>
...
</element>

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now