計算文字列要素

コンテンツモデル

compute-string:==EMPTY

属性

@expr

<element>

なし

説明

<compute-string> 要素を使用すると、XTK 式に基づいて文字列を生成し、複数の値に基づいて「built」ラベルをインターフェイスに表示できます。

使用と使用のコンテキスト

<compute-string> が定義されていない場合は、デフォルトで <compute-string> 要素が入力され、スキーマのプライマリキーの値が設定されます。

属性の説明

  • expr(文字列):XTK や Xpath の式

<compute-string expr="@label + Iif(@code='','', ' (' + [folder/@label] + ')')"/>  
<compute-string expr="ToString([@centralCatalog-id]) + ',' + ToString([@localOrgUnit-id])" />

受信者に対して計算された文字列の結果:"John Doe (john.doe@aol.com)":

<element name="recipient">
<compute-string expr="@lastName + ' ' + @firstName +' (' + @email + ')'
"/>
...
</element>

このページ