データベース構造の更新

スキーマに対する変更を適用するには、データベース更新ウィザードを起動します。 このウィザードには、 ツール/詳細設定/データベース構造を更新​からアクセスできます。 データベースの物理構造が論理的な記述と一致するかどうかを確認し、SQL 更新スクリプトを実行します。

データベース内のモジュールが自動的に入力され、アクティブ化されます。

ストアド・プロシージャの追加」および「初期化データのインポート」オプションを使用して、初期SQLスクリプトと、データベースの作成時に実行されるデータ・パッケージを起動します。

外部データパッケージから一連のデータを読み込むことができます。 これをおこなうには、「パッケージをインポート」を選択し、パッケージのXMLファイルを入力します。

手順に従い、データベース更新 SQL スクリプトを表示します。

メモ

このスクリプトは編集フィールドにあり、編集して SQL コードを削除または追加することもできます。

次に、データベースの更新を起動します。

このページ