既存のテーブルのスキーマ

概要

既存の表、SQL表示、またはリモート・データベースからのデータにアクセスする必要がある場合は、次のデータを使用してAdobe Campaignでスキーマを作成します。

  • テーブル名:「sqltable」属性を使用して、テーブルの名前(dblinkを使用する場合は別名)を入力します。
  • スキーマキー:調整フィールドを参照する
  • インデックス:クエリの生成に使用され、
  • XML構造内のフィールドとフィールドの場所:申込書で使用されているフィールドにのみ入力します。
  • リンク:ベースの他のテーブルとの結合がある場合。

実装

対応するスキーマを作成するには、次のステージを適用します。

  1. Adobe Campaignツリーの​Administration>Configuration>Dataスキーマー​ノードを編集し、New​をクリックします。

  2. 既存のテーブルまたはSQL表示からデータにアクセス」オプションを選択し、「次へ」をクリックします。

  3. テーブルまたは既存の表示を選択します。

  4. 必要に応じてスキーマの内容を調整します。

    テーブル作成SQLスクリプトを生成しないように、スキーマに<srcSchema>ルート要素の表示="true"属性を設定する必要があります。

<srcSchema name="recipient" namespace="cus" view="true">
  <element name="recipient" sqltable="dbsrv.recipient">
    <key name="email">
      <keyfield xpath="@email"/>
    </key>   
    <attribute name="email" type="string" length="80" sqlname="email"/>
  </element>
</srcSchema>

外部データベースへのアクセス

Federated Data Access-FDA​オプションを使用すると、外部データベースに格納されたデータにアクセスできます。

外部データベース内のデータにアクセスするスキーマに対して行う構成は、このページに詳しく記載されています。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free