PI の閲覧を制限

概要

データレコードにアクセスするためにマーケティングユーザーが必要で、名、姓、電子メールアドレスなど、個人識別情報(PII)を表示したくないお客様もいます。 Adobe Campaign は、プライバシーを保護し、一般のキャンペーンオペレーターによるデータの乱用を防止するための方法を提案します。

実装

任意の要素または属性に適用できる新しい属性がスキーマに追加され、既存の属性​visibleIf​を補完します。 この属性は accessibleIf です。 現在のユーザーコンテキストに関連する XTK 式を含む場合、例えば HasNamedRight$(login) を利用できます。

この使用法を示す受信者スキーマ拡張のサンプルを以下に示します。

<srcSchema desc="Recipient table (profiles" entitySchema="xtk:srcSchema" extendedSchema="nms:recipient"
           img="nms:recipient.png" label="Recipients" labelSingular="Recipient"
           name="recipient" namespace="sec" xtkschema="xtk:srcSchema">
  <element desc="Recipient table (profiles" img="nms:recipient.png" label="Recipients"
           labelSingular="Recipient" name="recipient">
    <attribute name="firstName" accessibleIf="$(login)=='admin'"/>
    <attribute name="lastName" visibleIf="$(login)=='admin'"/>
    <attribute name="email" accessibleIf="$(login)=='admin'"/>
  </element>
</srcSchema>

主なプロパティは次のとおりです。

  • visibleIf:メタデータからフィールドが非表示になります。したがって、スキーマ表示、列選択、式ビルダー内でフィールドにアクセスすることはできません。 ただし、フィールド名を式に手動で入力した場合は、値が表示され、データは非表示にはなりません。
  • accessibleIf:結果のクエリからデータを非表示にします(空の値に置き換えます)。 visibleIf が空の場合、accessibleIf と同じ式を取得します。

Campaign でこの属性を使用した場合の結果は次のとおりです。

  • コンソールの汎用クエリエディターを使用してデータを表示することはありません。
  • 概要リストとレコードリスト(コンソール)にはデータが表示されません。
  • 詳細表示では、データは読み取り専用になります。
  • データは、フィルター内でのみ使用できます(つまり、二分法を使用して値を推測することは可能です)。
  • 制限付きフィールドを使用して作成された式も制限されます。lower(@email)は @email と同様にアクセス可能になります。
  • ワークフローでは、制限付きの列をトランジションの追加の列としてターゲット母集団に追加できますが、Adobe Campaign ユーザーはアクセスできません。
  • ターゲット母集団をグループ(リスト)に保存する場合、保存されるフィールドの特性はデータのソースと同じです。
  • デフォルトでは、JS コードからデータにアクセスできません。

推奨事項

各配信で、Eメールアドレスが​broadLog​テーブルと​forecastLog​テーブルにコピーされます。そのため、これらのフィールドも保護する必要があります。

以下に、これを実装するログテーブル拡張のサンプルを示します。

<srcSchema entitySchema="xtk:srcSchema" extendedSchema="nms:broadLogRcp" img="nms:broadLog.png"
           label="Recipient delivery logs" labelSingular="Recipient delivery log"
           name="broadLogRcp" namespace="sec" xtkschema="xtk:srcSchema">
  <element img="nms:broadLog.png" label="Recipient delivery logs" labelSingular="Recipient delivery log"
           name="broadLogRcp">
    <attribute accessibleIf="$(login)=='admin'" name="address"/>
  </element>
</srcSchema>
<srcSchema desc="Delivery messages being prepared." entitySchema="xtk:srcSchema"
           extendedSchema="nms:tmpBroadcast" img="" label="Messages being prepared"
           labelSingular="Message" name="tmpBroadcast" namespace="sec" xtkschema="xtk:srcSchema">
  <element desc="Delivery messages being prepared." label="Messages being prepared"
           labelSingular="Message" name="tmpBroadcast">
    <attribute accessibleIf="$(login)=='admin'" name="address"/>
  </element>
</srcSchema>
<srcSchema entitySchema="xtk:srcSchema" extendedSchema="nms:excludeLogRcp" img="nms:excludeLog.png"
           label="Recipient exclusion logs" labelSingular="Recipient exclusion log"
           name="excludeLogRcp" namespace="sec" xtkschema="xtk:srcSchema">
  <element img="nms:excludeLog.png" label="Recipient exclusion logs" labelSingular="Recipient exclusion log"
           name="excludeLogRcp">
    <attribute accessibleIf="$(login)=='admin'" name="address"/>
  </element>
</srcSchema>
メモ

この制限は、技術以外のユーザーに適用されます。関連する権限を持つ技術ユーザーは、データを取得できます。 したがって、この方法は100%安全ではありません。

このページ