スキーマの再生成

スキーマを変更して変更を保存すると、拡張スキーマが自動的に生成されます。 ただし、変更を適用するには、スキーマを手動で再生成する必要が生じる場合があります。 手順は次のとおりです。

  1. 再生成するスキーマを選択します。
  2. 右クリックし、アクション/選択したスキーマを再生成…を選択します。​を参照してください。
  3. OK」をクリックして、プロセスを確定して起動します。

「プレビュー」タブと「ドキュメント」タブで、生成されたスキーマの構造を確認できます。 詳しくは、原則の節を参照してください。

メモ

例えば、リバースリンクでの依存関係の問題を解決するために、すべてのスキーマの再生成を強制する必要がある場合は、Adobe Campaignアプリケーションサーバーから次のコマンドを起動できます。

nlserver config -postupgrade -instance:<instance_name> -force

その後、Adobe Campaignアプリケーションサーバーを再起動し、クライアントコンソールから切断し、再接続する必要があります。

このページ