新しいフィールドウィザード

ツール/詳細設定/新しいフィールドを追加​でアクセスできるウィザードを使用して、データベース内のテーブルに1つ以上のフィールドを追加できます。

ウィザードを検証すると、拡張するテーブルの拡張スキーマが更新され、SQLスクリプトが起動してデータベースの物理構造が変更されます。

このアシスタントには、データスキーマの構造を把握する必要なく、すばやくフィールドを追加できるという利点があります。

主な欠点は、データと拡張するプロパティの制限です。

ウィザードの画面には、次の手順が含まれます。

  1. 最初のページでは、拡張するスキーマの名前と、変更を保存する拡張スキーマの名前空間を入力できます。

  2. 次のページでは、追加するフィールドのプロパティを入力できます。

  3. 変更を確定するには、「完了」ボタンをクリックします。

この例では、「cus:recipient」という拡張子ファイルが自動的に作成され、対応するSQLスクリプトが実行されます。

<srcSchema extendedSchema="nms:recipient" label="Recipients" name="recipient"  namespace="cus">  
  <element name="recipient">    
    <attribute belongsTo="cus:recipient" dataPolicy="email" label="Email" length="80" name="email1" sqlname="sEmail1" type="string" user="true"/>  
  </element>
</srcSchema>
メモ

デフォルトでは、追加されたフィールドは、user​プロパティ(値は「true」)で宣言されます。 これにより、「treeEdit」タイプのコントロール(入力フォームを参照)を使用して、拡張スキーマの入力フォーム内のフィールドを表示および編集できます。

このページ