スキーマの拡張

重要

次の組み込みスキーマの中には、拡張できないものがあります。主に、次の設定が定義されます。
dataSource="file" および mappingType="xmlFile"
次のスキーマは拡張できません。xtk:entityBackupNewxtk:entityBackupOriginalxtk:entityOriginalxtk:formxtk:srcSchemancm:publishing, nl:monitoring, nms:calendar, nms:remoteTracking, nms:userAgentRules a19/>, xtk:builder , xtk:connections , xtk:dbInit , xtk:funcList , xtk:fusion , xtk:, xtk:navtree , xtk:queryDef , xtk:resourceMenu , xtk:スキーマ​**、** xtk:scriptContext xtk:session xtk:sqlSchema xtk:strings
このリストは完全なものではありません。

既存のスキーマを拡張する方法は2つあります。

  1. ソーススキーマを直接変更する。

  2. 同じ名前で別の名前空間を持つ別のスキーマを作成する。 メリットは、元のスキーマを変更する必要なく、テーブルを拡張できる点です。

    スキーマのルート要素には、拡張するスキーマの名前を値として持つ​extendedSchema​属性を含める必要があります。

    拡張スキーマには独自のスキーマがありません。ソーススキーマから生成されたスキーマは、拡張スキーマのフィールドに入力されます。

    重要

    アプリケーションの組み込みスキーマを変更することはできません。スキーマの拡張メカニズムを変更することはできません。 標準スキーマを変更すると、今後アプリケーションのアップグレード時にスキーマが更新されなくなり、これは、Adobe Campaignの使用に誤りを生じさせる可能性があります。

    :nms: recipientschemaの拡張

    <srcSchema extendedSchema="nms:recipient" name="recipient" namespace="cus">
      <element name="recipient">
        <attribute name="code" label="Branch code" type="long"/>
      </element>
    </srcSchema>
    

    nms:受信者​拡張スキーマに、拡張スキーマに入力されたフィールドが入力されます。

    <schema dependingSchemas="cus:recipient" name="recipient" namespace="nms">
      ...
      <attribute belongsTo="cus:recipient" label="Branch code" name="code" sqlname="iCode" type="long"/>
      ...
    </schema>
    

    スキーマのルート要素の​dependingSchemas​属性は、拡張スキーマの依存関係を参照します。

    フィールドの​belongsTo​属性は、宣言されたスキーマを入力します。

重要

変更を考慮するには、スキーマを再生成する必要があります。 詳しくは、「スキーマの再生成」を参照してください。
変更がデータベースの構造に影響する場合は、更新を実行する必要があります。 詳しくは、データベース構造の更新の節を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now