スキーマエディションの例

テーブルの拡張

nms:受信者​スキーマ受信者テーブルを拡張するには、次の手順を適用します。

  1. 次のデータを使用して拡張スキーマ(cus:extension)を作成します。

    <srcSchema mappingType="sql" name="extension" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema" extendedSchema="nms:recipient">  
      <enumeration basetype="string" default="area1" name="area">    
        <value label="Zone 1" name="area1"/>    
        <value label="Zone 2" name="area2"/>  
      </enumeration>  
    
      <element name="extension">    
        <dbindex name="area">      
          <keyfield xpath="location/@area"/>    
        </dbindex>      
    
        <attribute label="Loyalty code" name="fidelity" type="long"/>    
        <element name="location">      
          <attribute name="area" label="Purchasing zone" type="string" length="50" enum="area"/>    
        </element>  </element>  
    </srcSchema>
    

    この例では、インデックス付きのフィールド(fidelity)が追加され、location​要素(nms:element​スキーマに既に存在)に列挙型のフィールド(area)が追加されます。

    重要

    拡張スキーマを参照するには、extendedSchema​属性を必ず追加してください。

  2. 拡張スキーマが​nms:受信者​スキーマであり、追加のデータが存在することを確認します。

    <schema dependingSchemas="cus:extension" mappingType="sql" name="recipient" namespace="nms" xtkschema="xtk:schema">
      ...
      <enumeration basetype="string" default="area1" name="area">    
        <value label="Zone 1" name="area1"/>    
        <value label="Zone 2" name="area2"/>  
      </enumeration>
      ...
      <element autopk="true" name="recipient" sqltable="NmsRecipient"> 
        <dbindex name="area">      
          <keyfield xpath="location/@area"/>    
        </dbindex>
    
        ...
        <attribute belongsTo="cus:extension" label="Loyalty code" name="fidelity" sqlname="iFidelity" type="long"/>
        <element name="location">
          ...
          <attribute enum="area" label="Purchasing zone" length="50" name="area" sqlname="sArea" type="string"/>
        </element>
        ...
      </element>
    </schema>
    

    データベース更新ウィザードで生成されるSQLスクリプトは次のとおりです。

    ALTER TABLE NmsRecipient ADD iFidelity INTEGER;
    UPDATE NmsRecipient SET iFidelity = 0;
    ALTER TABLE NmsRecipient ALTER COLUMN iFidelity SET NOT NULL;ALTER TABLE NmsRecipient ALTER COLUMN iFidelity SET Default 0;
    ALTER TABLE NmsRecipient ADD sArea VARCHAR(50); 
    CREATE INDEX NmsRecipient_area ON NmsRecipient(sArea);
    

リンクされたコレクションテーブル

この節では、基数が1 ~ Nの受信者テーブルにリンクされた注文テーブルを作成する方法について説明します。

注文テーブルソーススキーマ:

<srcSchema label="Order" name="order" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">  
  <element autopk="true" name="order">    
    <compute-string expr="@number" + '(' + ToString(@date) + ')'/>    
    
    <attribute label="Number" length="128" name="number" type="string"/>    
    <attribute desc="Order date" label="Date" name="date" type="datetime" default="GetDate()"/>    
    <attribute desc="order total" label="Total" name="total" type="double"/>    
    <element label="Recipient" name="recipient" revDesc="Orders associated with this recipient" revIntegrity="own" revLabel="Orders" target="nms:recipient" type="link"/>  
  </element>
</srcSchema>

受信者テーブルへのリンクの結合で使用する自動生成主キーを作成するには、テーブルタイプが​autopk​になります。

生成されたスキーマ:

<schema label="Order" mappingType="sql" name="order" namespace="cus" xtkschema="xtk:schema">  
  <element autopk="true" label="Order" name="order" sqltable="CusOrder">    
    <compute-string expr="ToString(@date) + ' - ' + @number"/>    

    <dbindex name="id" unique="true">      
      <keyfield xpath="@id"/>    
    </dbindex>    

    <key internal="true" name="id">      
      <keyfield xpath="@id"/>    
    </key>    

    <dbindex name="recipientId">      
      <keyfield xpath="@recipient-id"/>    
    </dbindex>    

    <attribute desc="Internal primary key" label="Primary key" name="id" sqlname="iOrderId" type="long"/>    
    <attribute label="Number" length="128" name="number" sqlname="sNumber" type="string"/>    
    <attribute desc="Order date" label="Date" name="date" sqlname="tsDate" type="datetime"/>    
    <attribute desc="order total" label="Total" name="total" sqlname="Total" type="double"/>    
    <element label="Recipient" name="recipient" revLink="order" target="nms:recipient" type="link">      
      <join xpath-dst="@id" xpath-src="@recipient-id"/>    
    </element>    
    <attribute advanced="true" label="Foreign key of 'Recipient' link ('id' field)" name="recipient-id" sqlname="iRecipientId" type="long"/>  
   </element>
</schema>

テーブル作成SQLスクリプトは次のとおりです。

CREATE TABLE CusOrder(dTotal DOUBLE PRECISION NOT NULL Default 0, iOrderId INTEGER NOT NULL Default 0, iRecipientId INTEGER NOT NULL Default 0, sNumber VARCHAR(128), tsDate TIMESTAMP Default NULL);
CREATE UNIQUE INDEX CusOrder_id ON CusOrder(iOrderId);
CREATE INDEX CusOrder_recipientId ON CusOrder(iRecipientId);  
INSERT INTO CusOrder (iOrderId) VALUES (0); 
メモ

スクリプトの最後にINSERT INTOというSQLコマンドを使用すると、0に設定された識別子レコードを挿入して、外部結合をシミュレートできます。

拡張テーブル

拡張テーブルを使用すると、基数1-1のリンクテーブル内の既存のテーブルの内容を拡張できます。

拡張テーブルの目的は、テーブルでサポートされるフィールド数の制限を回避するか、または必要に応じて消費されるデータが占める領域を最適化することです。

拡張テーブルスキーマを作成しています(cus:feature):

<srcSchema mappingType="sql" name="feature" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">  
  <element autopk="true" name="feature">    
    <attribute label="Children" name="children" type="byte"/>    
    <attribute label="Single" name="single" type="boolean"/>    
    <attribute label="Spouse first name" length="100" name="spouseFirstName" type="string"/>  
  </element>
</srcSchema>

カーディナリティ1-1のリンクを追加する受信者テーブルでの拡張スキーマの作成:

<srcSchema extendedSchema="nms:recipient" label="Recipient" mappingType="sql" name="recipient" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">  
  <element name="recipient">    
    <element desc="Features" integrity="own" label="Features" name="feature" revCardinality="single" revLink="recipient" target="cus:feature" type="link"/> 
  </element>
</srcSchema>
メモ

受信者テーブルと拡張テーブルの間のリンクの定義は、外部キーを含むスキーマから入力する必要があります。

拡張テーブルを作成するためのSQLスクリプトは次のとおりです。

CREATE TABLE CusFeature(  iChildren NUMERIC(3) NOT NULL Default 0, iFeatureId INTEGER NOT NULL Default 0, iSingle NUMERIC(3) NOT NULL Default 0, sSpouseFirstName VARCHAR(100));
CREATE UNIQUE INDEX CusFeature_id ON CusFeature(iFeatureId);  
INSERT INTO CusFeature (iFeatureId) VALUES (0); 

受信者テーブルのSQL更新スクリプトは次のとおりです。

ALTER TABLE NmsRecipient ADD iFeatureId INTEGER;
UPDATE NmsRecipient SET iFeatureId = 0;
ALTER TABLE NmsRecipient ALTER COLUMN iFeatureId SET NOT NULL;
ALTER TABLE NmsRecipient ALTER COLUMN iFeatureId SET Default 0;
CREATE INDEX NmsRecipient_featureId ON NmsRecipient(iFeatureId);

オーバーフローテーブル

オーバーフローテーブルは拡張テーブル(基数1-1)ですが、拡張するテーブルへのリンクの宣言はオーバーフローテーブルのスキーマに入力されます。

オーバーフローテーブルには、拡張するテーブルの外部キーが含まれます。 したがって、拡張するテーブルは変更されません。 2つのテーブル間の関係は、拡張するテーブルの主キーの値です。

オーバーフローテーブルスキーマを作成しています(cus:overflow):

<srcSchema label="Overflow" name="overflow" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">  
  <element name="overflow">    
    <key internal="true" name="id">      
      <keyfield xlink="recipient"/>    
    </key>    

    <attribute label="Children" name="children" type="byte"/>    
    <attribute label="Single" name="single" type="boolean"/>    
    <attribute label="Spouse first name" length="100" name="spouseFirstName" type="string"/>  
    <element label="Customer" name="recipient" revCardinality="single" revIntegrity="own" revExternalJoin="true" target="nms:recipient" type="link"/>  
  </element>  
</srcSchema>
メモ

オーバーフローテーブルの主キーは、拡張するテーブルへのリンクです(この例では「nms:受信者」スキーマ)。

テーブル作成SQLスクリプトは次のとおりです。

CREATE TABLE CusOverflow(iChildren NUMERIC(3) NOT NULL Default 0, iRecipientId INTEGER NOT NULL Default 0, iSingle NUMERIC(3) NOT NULL Default 0, sSpouseFirstName VARCHAR(100));
CREATE UNIQUE INDEX CusOverflow2_id ON CusOverflow2(iRecipientId);  

関係テーブル

関連テーブルを使用すると、2つのテーブルを基数N-Nとリンクできます。このテーブルには、リンクするテーブルの外部キーのみが含まれています。

グループ(nms:group)と受信者(nms:受信者)の関係テーブルの例。

関係テーブルのソーススキーマ:

<srcSchema name="rcpGrpRel" namespace="cus">
  <element name="rcpGrpRel">
    <key internal="true" name="id">      
      <keyfield xlink="rcpGroup"/>      
      <keyfield xlink="recipient"/>    
    </key>

    <element integrity="neutral" label="Recipient" name="recipient" revDesc="Groups to which this recipient belongs" revIntegrity="own" revLabel="Groups" target="nms:recipient" type="link"/>    
    <element integrity="neutral" label="Group" name="rcpGroup" revDesc="Recipients in the group" revIntegrity="own" revLabel="Recipients" revLink="rcpGrpRel" target="nms:group" type="link"/>
  </element>
</srcSchema>

生成されるスキーマは次のとおりです。

<schema mappingType="sql" name="rcpGrpRel" namespace="cus" xtkschema="xtk:schema">  
  <element name="rcpGrpRel" sqltable="CusRcpGrpRel">    
    <compute-string expr="ToString([@rcpGroup-id]) + ',' + ToString([@recipient-id])"/>    
    <dbindex name="id" unique="true">      
      <keyfield xpath="@rcpGroup-id"/>      
      <keyfield xpath="@recipient-id"/>    
    </dbindex>    

    <key internal="true" name="id">      
      <keyfield xpath="@rcpGroup-id"/>      
      <keyfield xpath="@recipient-id"/>    
    </key>    

    <dbindex name="rcpGroupId">      
      <keyfield xpath="@rcpGroup-id"/>    
    </dbindex>    
    <dbindex name="recipientId">      
      <keyfield xpath="@recipient-id"/>    
    </dbindex>    

    <element integrity="neutral" label="Recipient" name="recipient" revLink="rcpGrpRel" target="nms:recipient" type="link">      
      <join xpath-dst="@id" xpath-src="@recipient-id"/>    
    </element>    
    <attribute advanced="true" label="Foreign key of 'Recipient' link ('id' field)" name="recipient-id" sqlname="iRecipientId" type="long"/>    

    <element integrity="neutral" label="Group" name="rcpGroup" revLink="rcpGrpRel" target="nms:group" type="link">      
      <join xpath-dst="@id" xpath-src="@rcpGroup-id"/>    
    </element>    
    <attribute advanced="true" label="Foreign key of 'Group' link ('id' field)" name="rcpGroup-id" sqlname="iRcpGroupId" type="long"/>  
  </element>
</schema>

テーブル作成SQLスクリプトは次のとおりです。

CREATE TABLE CusRcpGrpRel( iRcpGroupId INTEGER NOT NULL Default 0, iRecipientId INTEGER NOT NULL Default 0);
CREATE UNIQUE INDEX CusRcpGrpRel_id ON CusRcpGrpRel(iRcpGroupId, iRecipientId);
CREATE INDEX CusRcpGrpRel_recipientId ON CusRcpGrpRel(iRecipientId);

この使用例は、組み込みのAdobe Campaign定義済みリストメカニズム(enum、userEnumまたはdbEnum)の代わりに、既存の参照テーブルを使用する方法を示しています。

既存の参照テーブルをスキーマの定義済みリストとして使用することもできます。 これは、テーブルと参照テーブルの間にリンクを作成し、属性​displayAsField="true"​を追加することで達成できます。

次の例では、参照テーブルに銀行名と識別子のリストが含まれています。

<srcSchema entitySchema="xtk:srcSchema" img="cus:bank16x16.png" label="Bank" mappingType="sql" name="bank" namespace="cus"
xtkschema="xtk:srcSchema">
    <element img="cus:bank16x16.png" label="Banks" name="bank">
        <compute-string expr="@name"/>
        <key name="id">
            <keyfield xpath="@id"/>
        </key>
        <attribute label="Bank Id" name="id" type="short"/>
        <attribute label="Name" length="64" name="name" type="string"/>
     </element> 
</srcSchema>

この参照テーブルを使用するテーブルで、リンクを定義し、displayAsField="true"​属性を追加します。

<element displayAsField="true" label="Bank" name="bank" target="cus:bank" type="link" noDbIndex="true"/>

ユーザーインターフェイスには、リンクではなくフィールドが表示されます。 ユーザーがそのフィールドを選択すると、参照テーブルから値を選択するか、オートコンプリート機能を使用できます。

  • オートコンプリートを行うには、参照テーブルに計算文字列を定義する必要があります。

  • リ追加ンク定義の​noDbIndex="true"​属性。Adobe Campaignがリンクのソーステーブルに格納されている値にインデックスを作成できないようにします。

関連トピック

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now