v7

スキーマエディションの例

最終更新日: 2023-08-31
  • 作成対象:
  • Developer

テーブルの拡張

を拡張するには、以下を実行します。 nms:recipient スキーマ受信者テーブルに、以下の手順を適用します。

  1. 拡張スキーマ (cus:extension) を次のデータで使用します。

    <srcSchema mappingType="sql" name="extension" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema" extendedSchema="nms:recipient">
      <enumeration basetype="string" default="area1" name="area">
        <value label="Zone 1" name="area1"/>
        <value label="Zone 2" name="area2"/>
      </enumeration>
    
      <element name="extension">
        <dbindex name="area">
          <keyfield xpath="location/@area"/>
        </dbindex>
    
        <attribute label="Loyalty code" name="fidelity" type="long"/>
        <element name="location">
          <attribute name="area" label="Purchasing zone" type="string" length="50" enum="area"/>
        </element>  </element>
    </srcSchema>
    

    この例では、インデックス付きのフィールド (忠実さ) が追加され、 場所 ( 既に nms:recipient スキーマ ) は、列挙されたフィールド (領域) をクリックします。

    重要

    必ず extendedSchema 拡張スキーマを参照する属性。

  2. 拡張スキーマが nms:recipient スキーマを作成し、追加データが存在することを示します。

    <schema dependingSchemas="cus:extension" mappingType="sql" name="recipient" namespace="nms" xtkschema="xtk:schema">
      ...
      <enumeration basetype="string" default="area1" name="area">
        <value label="Zone 1" name="area1"/>
        <value label="Zone 2" name="area2"/>
      </enumeration>
      ...
      <element autopk="true" name="recipient" sqltable="NmsRecipient">
        <dbindex name="area">
          <keyfield xpath="location/@area"/>
        </dbindex>
    
        ...
        <attribute belongsTo="cus:extension" label="Loyalty code" name="fidelity" sqlname="iFidelity" type="long"/>
        <element name="location">
          ...
          <attribute enum="area" label="Purchasing zone" length="50" name="area" sqlname="sArea" type="string"/>
        </element>
        ...
      </element>
    </schema>
    

    データベース更新ウィザードから生成される SQL スクリプトは次のとおりです。

    ALTER TABLE NmsRecipient ADD iFidelity INTEGER;
    UPDATE NmsRecipient SET iFidelity = 0;
    ALTER TABLE NmsRecipient ALTER COLUMN iFidelity SET NOT NULL;ALTER TABLE NmsRecipient ALTER COLUMN iFidelity SET Default 0;
    ALTER TABLE NmsRecipient ADD sArea VARCHAR(50);
    CREATE INDEX NmsRecipient_area ON NmsRecipient(sArea);
    

リンクされたコレクションテーブル

この項では、基数が 1-N の受信者テーブルにリンクされた注文テーブルを作成する方法について説明します。

オーダーテーブルのソーススキーマ:

<srcSchema label="Order" name="order" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">
  <element autopk="true" name="order">
    <compute-string expr="@number" + '(' + ToString(@date) + ')'/>

    <attribute label="Number" length="128" name="number" type="string"/>
    <attribute desc="Order date" label="Date" name="date" type="datetime" default="GetDate()"/>
    <attribute desc="order total" label="Total" name="total" type="double"/>
    <element label="Recipient" name="recipient" revDesc="Orders associated with this recipient" revIntegrity="own" revLabel="Orders" target="nms:recipient" type="link"/>
  </element>
</srcSchema>

テーブルのタイプは、 自動車 受信者テーブルへのリンクの結合で使用する自動生成プライマリキーを作成するために使用します。

生成されたスキーマ:

<schema label="Order" mappingType="sql" name="order" namespace="cus" xtkschema="xtk:schema">
  <element autopk="true" label="Order" name="order" sqltable="CusOrder">
    <compute-string expr="ToString(@date) + ' - ' + @number"/>

    <dbindex name="id" unique="true">
      <keyfield xpath="@id"/>
    </dbindex>

    <key internal="true" name="id">
      <keyfield xpath="@id"/>
    </key>

    <dbindex name="recipientId">
      <keyfield xpath="@recipient-id"/>
    </dbindex>

    <attribute desc="Internal primary key" label="Primary key" name="id" sqlname="iOrderId" type="long"/>
    <attribute label="Number" length="128" name="number" sqlname="sNumber" type="string"/>
    <attribute desc="Order date" label="Date" name="date" sqlname="tsDate" type="datetime"/>
    <attribute desc="order total" label="Total" name="total" sqlname="Total" type="double"/>
    <element label="Recipient" name="recipient" revLink="order" target="nms:recipient" type="link">
      <join xpath-dst="@id" xpath-src="@recipient-id"/>
    </element>
    <attribute advanced="true" label="Foreign key of 'Recipient' link ('id' field)" name="recipient-id" sqlname="iRecipientId" type="long"/>
   </element>
</schema>

テーブル作成 SQL スクリプトは、次のとおりです。

CREATE TABLE CusOrder(dTotal DOUBLE PRECISION NOT NULL Default 0, iOrderId INTEGER NOT NULL Default 0, iRecipientId INTEGER NOT NULL Default 0, sNumber VARCHAR(128), tsDate TIMESTAMP Default NULL);
CREATE UNIQUE INDEX CusOrder_id ON CusOrder(iOrderId);
CREATE INDEX CusOrder_recipientId ON CusOrder(iRecipientId);
INSERT INTO CusOrder (iOrderId) VALUES (0);
メモ

スクリプトの最後に INSERT INTO コマンドを使用すると、0 に設定された識別子レコードを挿入して、外部結合をシミュレートできます。

拡張テーブル

拡張テーブルを使用すると、基数 1-1 のリンクされたテーブル内の既存のテーブルのコンテンツを拡張できます。

拡張テーブルの目的は、テーブルでサポートされるフィールドの数に制限がないようにするか、オンデマンドで消費されるデータの占有領域を最適化することです。

拡張テーブルスキーマの作成 (cus:feature):

<srcSchema mappingType="sql" name="feature" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">
  <element autopk="true" name="feature">
    <attribute label="Children" name="children" type="byte"/>
    <attribute label="Single" name="single" type="boolean"/>
    <attribute label="Spouse first name" length="100" name="spouseFirstName" type="string"/>
  </element>
</srcSchema>

カーディナリティ 1-1 のリンクを追加する、受信者テーブルに拡張スキーマを作成する:

<srcSchema extendedSchema="nms:recipient" label="Recipient" mappingType="sql" name="recipient" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">
  <element name="recipient">
    <element desc="Features" integrity="own" label="Features" name="feature" revCardinality="single" revLink="recipient" target="cus:feature" type="link"/>
  </element>
</srcSchema>
メモ

受信者テーブルと拡張テーブルの間のリンクの定義は、外部キーを含むスキーマから入力する必要があります。

拡張テーブルを作成するための SQL スクリプトを次に示します。

CREATE TABLE CusFeature(  iChildren NUMERIC(3) NOT NULL Default 0, iFeatureId INTEGER NOT NULL Default 0, iSingle NUMERIC(3) NOT NULL Default 0, sSpouseFirstName VARCHAR(100));
CREATE UNIQUE INDEX CusFeature_id ON CusFeature(iFeatureId);
INSERT INTO CusFeature (iFeatureId) VALUES (0);

受信者テーブルの SQL 更新スクリプトは、次のとおりです。

ALTER TABLE NmsRecipient ADD iFeatureId INTEGER;
UPDATE NmsRecipient SET iFeatureId = 0;
ALTER TABLE NmsRecipient ALTER COLUMN iFeatureId SET NOT NULL;
ALTER TABLE NmsRecipient ALTER COLUMN iFeatureId SET Default 0;
CREATE INDEX NmsRecipient_featureId ON NmsRecipient(iFeatureId);

オーバーフローテーブル

オーバーフローテーブルは拡張テーブル(カーディナリティ 1-1)ですが、拡張するテーブルへのリンクの宣言は、オーバーフローテーブルのスキーマに入力されます。

オーバーフローテーブルには、拡張するテーブルの外部キーが含まれます。 したがって、拡張するテーブルは変更されません。 2 つのテーブル間の関係は、拡張するテーブルのプライマリキーの値です。

オーバーフローテーブルスキーマ (cus:overflow):

<srcSchema label="Overflow" name="overflow" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">
  <element name="overflow">
    <key internal="true" name="id">
      <keyfield xlink="recipient"/>
    </key>

    <attribute label="Children" name="children" type="byte"/>
    <attribute label="Single" name="single" type="boolean"/>
    <attribute label="Spouse first name" length="100" name="spouseFirstName" type="string"/>
    <element label="Customer" name="recipient" revCardinality="single" revIntegrity="own" revExternalJoin="true" target="nms:recipient" type="link"/>
  </element>
</srcSchema>
メモ

オーバーフローテーブルのプライマリキーは、拡張するテーブルへのリンクです(この例では「nms:recipient」スキーマ)。

テーブル作成 SQL スクリプトは、次のとおりです。

CREATE TABLE CusOverflow(iChildren NUMERIC(3) NOT NULL Default 0, iRecipientId INTEGER NOT NULL Default 0, iSingle NUMERIC(3) NOT NULL Default 0, sSpouseFirstName VARCHAR(100));
CREATE UNIQUE INDEX CusOverflow2_id ON CusOverflow2(iRecipientId);

関係テーブル

関係テーブルを使用すると、2 つのテーブルを基数 N ~ N にリンクできます。このテーブルには、リンクするテーブルの外部キーのみが含まれています。

グループ間の関係テーブル (nms:group) および受信者 (nms:recipient) をクリックします。

関係テーブルのソーススキーマ:

<srcSchema name="rcpGrpRel" namespace="cus">
  <element name="rcpGrpRel">
    <key internal="true" name="id">
      <keyfield xlink="rcpGroup"/>
      <keyfield xlink="recipient"/>
    </key>

    <element integrity="neutral" label="Recipient" name="recipient" revDesc="Groups to which this recipient belongs" revIntegrity="own" revLabel="Groups" target="nms:recipient" type="link"/>
    <element integrity="neutral" label="Group" name="rcpGroup" revDesc="Recipients in the group" revIntegrity="own" revLabel="Recipients" revLink="rcpGrpRel" target="nms:group" type="link"/>
  </element>
</srcSchema>

生成されるスキーマは次のとおりです。

<schema mappingType="sql" name="rcpGrpRel" namespace="cus" xtkschema="xtk:schema">
  <element name="rcpGrpRel" sqltable="CusRcpGrpRel">
    <compute-string expr="ToString([@rcpGroup-id]) + ',' + ToString([@recipient-id])"/>
    <dbindex name="id" unique="true">
      <keyfield xpath="@rcpGroup-id"/>
      <keyfield xpath="@recipient-id"/>
    </dbindex>

    <key internal="true" name="id">
      <keyfield xpath="@rcpGroup-id"/>
      <keyfield xpath="@recipient-id"/>
    </key>

    <dbindex name="rcpGroupId">
      <keyfield xpath="@rcpGroup-id"/>
    </dbindex>
    <dbindex name="recipientId">
      <keyfield xpath="@recipient-id"/>
    </dbindex>

    <element integrity="neutral" label="Recipient" name="recipient" revLink="rcpGrpRel" target="nms:recipient" type="link">
      <join xpath-dst="@id" xpath-src="@recipient-id"/>
    </element>
    <attribute advanced="true" label="Foreign key of 'Recipient' link ('id' field)" name="recipient-id" sqlname="iRecipientId" type="long"/>

    <element integrity="neutral" label="Group" name="rcpGroup" revLink="rcpGrpRel" target="nms:group" type="link">
      <join xpath-dst="@id" xpath-src="@rcpGroup-id"/>
    </element>
    <attribute advanced="true" label="Foreign key of 'Group' link ('id' field)" name="rcpGroup-id" sqlname="iRcpGroupId" type="long"/>
  </element>
</schema>

テーブル作成 SQL スクリプトは、次のとおりです。

CREATE TABLE CusRcpGrpRel( iRcpGroupId INTEGER NOT NULL Default 0, iRecipientId INTEGER NOT NULL Default 0);
CREATE UNIQUE INDEX CusRcpGrpRel_id ON CusRcpGrpRel(iRcpGroupId, iRecipientId);
CREATE INDEX CusRcpGrpRel_recipientId ON CusRcpGrpRel(iRecipientId);

この使用例では、既存の参照テーブルを、組み込みのAdobe Campaign列挙メカニズム (enum、userEnum、dbEnum) の代わりに使用する方法を示します。

既存の参照テーブルをスキーマの列挙として使用することもできます。 これは、テーブルと参照テーブルの間にリンクを作成し、属性を追加することで実現できます displayAsField="true".

この例では、参照テーブルに銀行名と識別子のリストが含まれています。

<srcSchema entitySchema="xtk:srcSchema" img="cus:bank16x16.png" label="Bank" mappingType="sql" name="bank" namespace="cus"
xtkschema="xtk:srcSchema">
    <element img="cus:bank16x16.png" label="Banks" name="bank">
        <compute-string expr="@name"/>
        <key name="id">
            <keyfield xpath="@id"/>
        </key>
        <attribute label="Bank Id" name="id" type="short"/>
        <attribute label="Name" length="64" name="name" type="string"/>
     </element>
</srcSchema>

この参照テーブルを使用する任意のテーブルで、リンクを定義し、 displayAsField="true" 属性。

<element displayAsField="true" label="Bank" name="bank" target="cus:bank" type="link" noDbIndex="true"/>

ユーザーインターフェイスにはリンクではなくフィールドが表示されます。 ユーザがそのフィールドを選択すると、参照テーブルから値を選択するか、オートコンプリート機能を使用できます。

  • オートコンプリートをおこなうには、参照テーブルで計算文字列を定義する必要があります。

  • 次を追加: noDbIndex="true" 属性を使用して、Adobe Campaignがリンクのソーステーブルに格納された値にインデックスを作成できないようにします。

関連トピック

このページ