データスキーマ

原則

スキーマを編集、作成および設定するには、Adobe Campaignクライアントコンソールの​管理/設定/データスキーマ​ノードをクリックします。

メモ

そのまま使用できるデータスキーマは、Adobe Campaign Classicコンソールの管理者のみが削除できます。

編集フィールドには、ソーススキーマのXMLコンテンツが表示されます。

メモ

「名前」編集コントロールを使用すると、名前と名前空間で構成されるスキーマキーを入力できます。 スキーマのルート要素の「name」属性と「名前空間」属性は、スキーマのXML編集ゾーンで自動的に更新されます。

プレビューは、拡張スキーマを自動的に生成します。

メモ

ソーススキーマを保存すると、拡張スキーマの生成が自動的に開始されます。

スキーマの完全な構造を確認する必要がある場合は、「プレビュー」タブを使用できます。 スキーマを拡張すると、そのすべての拡張を視覚化できます。 補完的に、「ドキュメント」タブには、すべてのスキーマ属性と要素、およびそのプロパティ(SQLフィールド、タイプ/長さ、ラベル、説明)が表示されます。 「ドキュメント」タブは、生成されたスキーマにのみ適用されます。 詳しくは、「スキーマの再生成」を参照してください。

例:契約表の作成

次の例では、Adobe Campaignデータベースのデータベースモデルに​contracts​の新しいテーブルを作成します。 次の表に、各契約の所有者および共有者の姓と名と電子メールアドレスを格納します。

これを行うには、テーブルのスキーマを作成し、対応するテーブルを生成するためにデータベース構造を更新する必要があります。 次のような流れになります。

  1. Adobe Campaignツリーの​管理/設定/データスキーマ​ノードを編集し、新規​をクリックします。

  2. データモデルに新しいテーブルを作成」オプションを選択し、「次へ」をクリックします。

  3. テーブル名と名前空間を指定します。

    メモ

    デフォルトでは、ユーザーが作成したスキーマは「cus」名前空間に保存されます。 詳しくは、スキーマのIDを参照してください。

  4. テーブルのコンテンツを作成します。 設定が足りないことを確認するために、入力ウィザードを使用することをお勧めします。 これを行うには、「挿入」ボタンをクリックし、追加する設定のタイプを選択します。

  5. 契約表の設定を定義します。

    <srcSchema desc="Active contracts" img="ncm:channels.png" label="Contracts" labelSingular="Contract" mappingType="sql" name="Contracts" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">
      <element desc="Active contracts" img="ncm:channels.png" label="Contracts" labelSingular="Contract"
               name="Contracts" autopk="true">
               <attribute name="holderName" label="Holder last name" type="string"/>
               <attribute name="holderFirstName" label="Holder first name" type="string"/>
               <attribute name="holderEmail" label="Holder email" type="string"/>
               <attribute name="co-holderName" label="Co-holder last name" type="string"/>           
               <attribute name="co-holderFirstName" label="Co-holder first name" type="string"/>           
               <attribute name="co-holderEmail" label="Co-holder email" type="string"/>    
               <attribute name="date" label="Subscription date" type="date"/>     
               <attribute name="noContract" label="Contract number" type="long"/>  
      </element>
    </srcSchema>
    

    契約追加の種類と、契約番号にインデックスを付けます。

    <srcSchema _cs="Contracts (cus)" desc="Active contracts" entitySchema="xtk:srcSchema" img="ncm:channels.png"
               label="Contracts" labelSingular="Contract" name="Contracts" namespace="cus" xtkschema="xtk:srcSchema">
      <enumeration basetype="byte" name="typeContract">
        <value label="Home" name="home" value="0"/>
        <value label="Car" name="car" value="1"/>
        <value label="Health" name="health" value="2"/>
        <value label="Pension fund" name="pension fund" value="2"/>
      </enumeration>
      <element autopk="true" desc="Active contracts" img="ncm:channels.png" label="Contracts"
               labelSingular="Contract" name="Contracts">
        <attribute label="Holder last name" name="holderName" type="string"/>
        <attribute label="Holder first name" name="holderFirstName" type="string"/>
        <attribute label="Holder email" name="holderEmail" type="string"/>
        <attribute label="Co-holder last name" name="co-holderName" type="string"/>
        <attribute label="Co-holder first name" name="co-holderFirstName" type="string"/>
        <attribute label="Co-holder email" name="co-holderEmail" type="string"/>
        <attribute label="Subscription date" name="date" type="date"/>
       <attribute desc="Type of contract" enum="cus:Contracts:typeContract" label="Type of contract"
                   name="type" type="byte"/>
        <attribute label="Contract number" name="noContract" type="long"/>
        <dbindex name="noContract" unique="true">
          <keyfield xpath="@noContract"/>
        </dbindex>
      </element>
    </srcSchema>
    
  6. スキーマを保存して構造を生成します。

  7. データベース構造を更新して、スキーマがリンクされるテーブルを作成します。 詳しくは、データベース構造の更新を参照してください。

このページ