カスタム日付フィールドを使用した E メールエンリッチメント

この例では、今月の誕生日を祝う受信者にカスタム日付フィールドを含む E メールを送信します。E メールには、誕生日の前後 1 週間有効なクーポンが含まれます。

分割​アクティビティで、今月の誕生日を祝う受信者をリストから選んでターゲットにする必要があります。次に、エンリッチメント​アクティビティを使用すると、カスタム日付フィールドが E メール内で顧客向け特別オファーの有効期限日として機能します。

この例を作成するには、次の手順に従います。

  1. キャンペーンの「ターゲティングとワークフロー」タブで、リスト読み込み​アクティビティをドラッグ&ドロップして、受信者のリストをターゲットにします。

  2. 処理されるリストは、選択したオプションおよびここで定義したパラメーターに応じて、明示的に指定されるか、スクリプトで処理されるか、動的にローカライズされます。

  3. 分割​アクティビティを追加して、今月の誕生日を祝う受信者を他の受信者と区別します。

  4. リストを分割するには、「選択したレコードのフィルター」カテゴリで、「インバウンド母集団に対するフィルター条件を追加」を選択します。次に、「編集」をクリックします。

  5. フィルター条件​を選択してから、「式を編集」ボタンをクリックして、受信者の誕生日の月をフィルターします。

  6. 高度な選択」をクリックしてから「式を使用して数式を編集」をクリックし、式 Month(@birthDate) を追加します。

  7. オペレーター​列で、「次と等しい」を選択します。

  8. 」に現在の日付の月 Month(GetDate()) を追加することで、さらに条件をフィルターします。

    これは、誕生日の月が今月に対応する受信者をクエリします。

  9. 終了」をクリックします。次に、分割​アクティビティの「一般」タブで、「結果」カテゴリの「補集合を生成」をクリックします。

    補集合​の結果がある場合、配信アクティビティを追加するか、リストを更新できます。ここで、終了​アクティビティを追加しました。

次に​エンリッチメント​アクティビティを設定する必要があります。

  1. サブセットの後に​エンリッチメント​アクティビティを追加して、カスタム日付フィールドを追加します。

  2. エンリッチメント​アクティビティを開きます。「補足情報」カテゴリで、「データを追加」をクリックします。

  3. フィルタリングディメンションにリンクされたデータ」を選択してから、「フィルタリングディメンションのデータ」を選択します。

  4. 追加」ボタンをクリックします。

  5. ラベル​を追加します。​列で、「式を編集」をクリックします。

  6. 最初に、誕生日の前の週を「有効期間の開始日」としてターゲットにし、続く「」に SubDays([target/@birthDate], 7) を指定する必要があります。

  7. 次に、誕生日の後の週をターゲットにするカスタム日付フィールド「有効期間の終了日」を作成するために、「」に AddDays([target/@birthDate], 7) を追加する必要があります。

    式にラベルを追加できます。

  8. OK」をクリックします。エンリッチメントの準備ができました。

エンリッチメント​アクティビティの後に、配信を追加できます。ここでは、今月の誕生日を祝う顧客への有効期限付きの特別オファーを受信者に送信する E メール配信を追加しました。

  1. エンリッチメント​アクティビティの後に、E メール配信​アクティビティをドラッグ&ドロップします。

  2. E メール配信​アクティビティをダブルクリックして、配信のパーソナライズを開始します。

  3. 配信に​ラベル​を追加し、「続行」をクリックします。

  4. 保存」をクリックして E メール配信を作成します。

  5. E メール配信​プロパティ​の「承認」タブで、「送信前に配信を確定する」オプションがオンになっていることを確認します。

    次に、ワークフローを開始して、アウトバウンドトランジションをターゲット情報でエンリッチメントします。

これで、エンリッチメント​アクティビティで作成したカスタム日付フィールドを含む E メール配信のデザインを開始できます。

  1. E メール配信​アクティビティをダブルクリックします。

  2. ターゲット式を E メールに追加します。有効期限日のフォーマットを設定するために、次の式の内部にある必要があります。

    <%=
            formatDate(targetData.alias of your expression,"%2D.%2M")  %>
    
  3. クリック .ターゲット式​を選択してから、エンリッチメント​アクティビティで前に作成したカスタム有効期限日を選択して、ターゲット式を formatDate 式に追加します。

  4. 必要に応じて、E メールコンテンツを設定します。

  5. E メールをプレビューして、カスタム日付フィールドが正しく設定されているかどうかを確認します。

E メールの準備ができました。配達確認の送信を開始し配信を確定して、誕生日 E メールを送信できます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now