リスト更新

リスト更新」アクティビティは、受信者リストのトランジションに指定された母集団を保存します。

リストは、既存のグループのリストから選択することもできます。

また、「必要に応じてリストを作成(名前を自動生成)」および「必要に応じてリストを作成(フォルダーおよび名前を自動生成)」を使用して作成することもできます。これらのオプションにより、任意のラベルを選択してリストを作成し、リストを保存するフォルダーを後で選択できます。ラベルは、スクリプトに動的フィールドを挿入することで自動生成できます。異なる動的フィールドは、ラベルの右側のポップアップメニューで使用できます。

リストが既に存在する場合、「存在する場合、リストをパージして再利用(存在しない場合、リストに追加)」オプションを選択していなければ、受信者は既存のコンテンツに追加されます。この場合、リストのコンテンツは更新前に削除されます。

作成または更新したリストで、受信者テーブル以外のテーブルを使用する場合、「独自のテーブルを持つリストを作成または使用」オプションをチェックします。

このオプションを使用するには、Adobe Campaign インスタンス内でその特定のテーブルが設定されている必要があります。

一般に、ターゲットをリストに保存することは、ワークフローの終わりを示すことになります。このため、デフォルトでは、「リスト更新」アクティビティに、アウトバウンドトランジションはありません。アウトバウンドトランジションを追加するには、「アウトバウンドトランジションを生成」オプションをチェックします。

エクスプローラーから受信者のリストを作成する方法をビデオで確認

例:リストの更新

次の例では、リスト更新アクティビティは、フランスに住む 30 歳以上の男性をターゲットにするクエリに従っています。最初のリストは、クエリの結果から作成されます。その後、リストがワークフローから起動されるたびに更新されます。このリストは、例えば、ターゲティングしたキャンペーンの特典のオファーに定期的に使用できます。

  1. クエリの後に「リスト更新」アクティビティを直接追加し、開いて編集することができます。

    ワークフローでのクエリの作成について詳しくは、クエリを参照してください。

  2. アクティビティのラベルを選択する必要があります。

  3. 必要に応じてリストを作成(名前を自動生成)」オプションを選択します。このオプションでは、最初のワークフローが実行されるとリストが作成され、それ以降ワークフローが実行されるたびに更新されます。

  4. リストを保存するフォルダーを選択します。

  5. リストのラベルを入力します。動的フィールドを挿入して、リストから名前を自動的に生成することもできます。この例では、コンテンツを見つけやすくするために、リストの名前をクエリと同じにしてあります。

  6. 存在する場合、リストをパージして再利用(存在しない場合、リストに追加)」オプションを選択しておくと、ターゲット条件に一致しない受信者は削除され、新しい受信者がリストに追加されます。

  7. また、「独自のテーブルを持つリストを作成または使用」オプションも選択した状態にしておきます。

  8. アウトバウンドトランジションを生成」オプションは選択を解除します。

  9. OK」をクリックして、ワークフローを開始します。

    条件に一致する受信者のリストが作成または更新されます。

入力パラメーター

  • tableName
  • schema

グループに保存する母集団を識別します。

出力パラメーター

  • groupId:グループの ID。

チュートリアルビデオ

このビデオでは、エクスプローラーから受信者のリストを作成する方法を紹介します。

Campaign Classic に関するその他のハウツービデオはこちらで参照できます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now