承認

承認​タスクは、オペレーターの関与を必要とします。オペレーターにはタスクが割り当てられ、E メールメッセージ内にリンクされた Web ページを使用するか、コンソールを使用して回答できます。

タスク割り当て

デフォルトで、承認はオペレーターのグループに割り当てられます。このグループは、「ニュースレターコンテンツグループ」や「ニュースレターターゲットグループ」などのロールを表します。グループ内の各オペレーターが回答できますが、最初の回答だけが反映されます(複数の承認が存在する場合を除く)。

必要に応じて、承認タスクを 1 人のオペレーターに割り当てるか、フィルターによって定義されたオペレーターのセットに割り当てることができます。

  • 1 人のオペレーターを選択するには、「割り当てタイプ」フィールドで「オペレーター」値を選択し、「担当者」フィールドのドロップダウンリストから該当するオペレーターを選択します。

    注意

    選ばれたオペレーターだけに、タスクの承認権限が与えられます。

  • 承認オペレーターをフィルターするクエリを定義できます。それには、下図の例に示すように、「割り当てタイプ」フィールドで「フィルター」値を選択し、「詳細設定パラメーター…」リンクをクリックして、フィルター条件を定義します。

単独承認の場合は、オペレーターの選択に対応するトランジションが有効化され、タスクが完了します。他のオペレーターは回答できません。

複数承認の場合、各オペレーターの選択に対応するトランジションが有効化されます。グループの全オペレーターが回答するか、タスクの期限が切れた時点でタスクが完了となります。

このアクティビティは処理をブロックしないので、回答を待機している間ワークフローは他のタスクを実行できます。

オペレーターは、自分に割り当てられたタスクをコンソールから承認できます。管理者権限を持つオペレーターは、任意のオペレーターに割り当てられたタスクの表示と削除ができますが、それらのタスクに回答することはできません。

アクティビティのタイトルまたはメッセージ本文を編集しても、現在のタスクに影響しませんが、一方で選択肢を変更した場合、現在のタスクに直接影響し、新しい選択肢のリストが自動的に継承されます。

承認​タイプのタスクは、管理/プロダクション/自動作成オブジェクト/承認待ち​ノードからアクセス可能です。オペレーターは、このビューから直接承認フォームにアクセスできます。

プロパティ

カスタマイズ変数は、レビュー担当者に送信するメッセージに使用でき、メッセージのタイトルまたは本文に挿入できます。

この「タイトル」フィールドには、メッセージのタイトルが含まれます。これは、送信された E メールメッセージの件名です。タイトルおよびメッセージの本文は JavaScript テンプレートになっているので、ワークフローの状況に応じて計算される値が含まれます。

エディターの下部のセクションで、選択肢となる回答のリストを定義します。回答ごとに対応するトランジションがあります。名前は内部識別子、ラベルは選択肢のリストに表示される文字列です。

詳細設定パラメーター…」リンクをクリックして、演算子の通知に使用する配信テンプレートを選択します。デフォルトテンプレート(内部名は'notifyAssignee')は、タイトルとメッセージを取得し、回答に使用された Web ページへのリンクを追加します。

テンプレートを編集してメッセージのレイアウトをカスタマイズできますが、コピーを作成してもかまいません。ターゲットメカニズム(外部ファイル、ターゲットマッピング)は、通知を正しく処理するのに必要なので、編集できません。

承認の例については、承認の定義を参照してください。

出力パラメーター

  • 回答

    回答に関連するコメント

  • responseOperator

    回答したオペレーターの ID。このフィールドには数値が入りますが、String フィールドです。

このページ