ワークフローのライフサイクル

ワークフローサイクルは、3つの主要なステップがあります。

  • 編集中

    これは、最初のデザインフェーズです。新規ワークフローが作成されると、ステータスは「編集中」となります。ワークフローのサーバーによる処理はまだ開始されず、編集しても問題は発生しません。

  • 開始済み

    初期のデザインフェースが完了したら、ワークフローを開始できます。このフェーズでは、インスタンスがサーバーによって処理され、個々のタスクが実行されます。ワークフローは、このフェーズでも編集できますが、いくつか注意事項があります。

  • 終了

    進行中のタスクがなくなったとき、またはオペレーターがインスタンスを明示的に停止したときに、ワークフローは「終了」となります。

例えば、次のワークフローでは、「開始」アクティビティと「配信」アクティビティがアウトライン化され、「承認」アクティビティが点滅します。

つまり、最初の 2 つのアクティビティの実行は成功し、承認アクティビティは進行中です(作成されたが、まだ完了していないなど)。

配信」アクティビティに続くトランジションの上に表示されている「574 -Ok」という文字列は、配信準備で 574 人の受信者がターゲッティングされ、操作に成功したことを示しています。実行時にトランジションに追加されるこの情報は、データを処理するアクティビティによって自動生成されます。

ワークフローは開始され、「承認」アクティビティ内に指定されたグループに属するオペレータが意思決定するのを待機しています。グループに属しているオペレーターが、E メールアドレスまたは携帯電話番号を登録している場合、通知が届きます。

オペレーターの管理について詳しくは、このを参照してください。

ワークフローの監視方法について詳しくは、この節を参照してください。

このページ