Web ダウンロード

Web ダウンロード」アクティビティは、明示的 URL、外部アカウント、Adobe Campaign インスタンス上のファイルのダウンロードを開始します。HTTP プロトコルが使用されます。GET または POST のいずれかによるダウンロードです。

プロパティ

  1. Web ファイルの選択

    インターネット経由でファイルをダウンロードする方法としては、ファイルの URL を直接指定する方法、ファイルが保存されている外部の HTTP アカウントを使用する方法、Adobe Campaign インスタンスからファイルをダウンロードする方法があります。使用できるパラメーターは以下のとおりです。

    • ダウンロードするファイルの URL を直接指定するには、「明示的 URL」オプションを選択し、該当するフィールドに URL を入力します。この URL は変数データで構成することもできます。

    • 外部アカウント」を使用する場合は、ドロップダウンからアカウントを選択し、ダウンロードするファイルを指定します。

      外部アカウントは、Adobe Campaign ツリーの​管理/プラットフォーム/外部アカウント​ノードで設定できます。リンクを編集​アイコンをクリックすると、外部アカウントのパラメーターを編集できます。

    • Adobe Campaign インスタンスからファイルをダウンロードするには、「Adobe Campaign インスタンス」オプションを選択します。

  2. ファイルの履歴化

    ファイル履歴化設定…」リンクを使用して、ファイルのストレージディレクトリとこのディレクトリのパージ頻度を指定できます。

    次のオプションを使用できます。

    • デフォルトストレージディレクトリを使用:ファイルの処理がおこなわれる前に、必ずファイルを移動します。このオプションを選択すると、ファイルはデフォルトのストレージディレクトリ(Adobe Campaign インストールフォルダーの vars ディレクトリ)に移されます。ストレージディレクトリを指定するには、チェックボックスの選択を解除し、「ストレージディレクトリ」フィールドにディレクトリのパスを入力します。
    • ファイル数:ストレージディレクトリに保持するファイルの最大数を入力します。
    • 最大サイズ(MB 単位):ストレージディレクトリの最大容量(MB)を指定します。

    各ファイルは、定義したパージルールが適用されるまで、ディレクトリに 24 時間保持されます。パージはアクティビティの開始直前におこなわれるので、作業中のワークフローファイルには影響しません。

    ファイルは、作成日にしたがって古いものから削除されます。最も古いファイルは、両方のパージルールが確定するまでパージされます。したがって、ファイルの最大数を 100 に設定した場合、ワークフローが開始される前に、常に最新の 100 個のファイルがストレージディレクト内に存在し、それらのファイルが進行中のワークフローで処理されていきます。

    ファイルの数とディレクトリの容量を制限しない場合は、「ファイル数」と「最大サイズ(MB 単位)」オプションの値をそれぞれ 0 に設定します。

  3. 詳細設定パラメーター

    詳細設定パラメーター」リンクを使用して、次の追加オプションを設定できます。

    エラーを処理」オプションについて詳しくは、エラーを処理を参照してください。

出力パラメーター

  • filename:ダウンロードファイルの名前を入力します。

このページ