テクニカルワークフロー

テクニカルワークフローについて

この節で詳しく説明するワークフローは、別の Adobe Campaign 組み込みパッケージと共にインストールされます。これらのパッケージと関連テクニカルワークフローは、ライセンス契約によって異なります。組み込みパッケージの詳細については、この節を参照してください。

デフォルトでは、テクニカルワークフローは、管理プロダクションテクニカルワークフロー​ノードのサブフォルダーで使用できます。

テクニカルワークフローの開始と変更を行えるのは、管理者権限を持つオペレーターのみです。権限について詳しくは、この節を参照してください。

メモ

Message Center モジュールに関連するテクニカルワークフローは、デフォルトの状態で​管理プロダクションMessage Centerテクニカルワークフロー​ノードに用意されています。

テクニカルワークフローの監視方法について詳しくは、該当する節を参照してください。

テクニカルワークフローのリスト

テクニカルワークフロー パッケージ 説明
エイリアスクレンジング(aliasCleansing) 配信 列挙値を標準化します。デフォルトで、毎日午前 3 時にトリガーされます。
請求(請求) 配信 システムアクティビティレポートを「請求」オペレーターにメールで送信します。マーケティングインスタンスで、毎月25日にトリガーされます。
Twitter 統計の計算(statsTwitter) ソーシャルネットワーク(ソーシャルマーケティング) - Campaign v7 のみ リツイートと訪問にリンクされた統計を計算します。
Campaign ジョブ(operationMgt) マーケティングキャンペーン(キャンペーン) マーケティングキャンペーンに関するジョブ(ターゲティングの開始、ファイル抽出など)を管理します。また、繰り返しキャンペーンと定期的キャンペーンに関連するワークフローも作成します。
ヒートマップサービスのデータを収集(collectDataHeatMapService) デフォルトでインストール このワークフローは、ヒートマップサービスに必要なデータを取得します。
プライバシーリクエストを収集(collectPrivacyRequests) プライバシーデータ保護規則 このワークフローでは、Adobe Campaign に保存されている受信者のデータを生成し、プライバシーリクエストの画面でダウンロードできるようにします。
原価計算(budgetMgt) マーケティングキャンペーン(キャンペーン) 予算、プラン、プログラム、キャンペーン、配信およびタスクに関する費用行とコスト行の計算を開始します。
データベースのクリーンアップ(クリーンアップ) 配信 データベースのメンテナンスワークフローです。統計とプロセスの各種の計算をおこない、デプロイメントアシスタント内の定義済みの設定に応じてデータベースから古いデータを削除します。デフォルトで、毎日午前 4 時にトリガーされます。詳しくは、このページを参照してください。
ブロックした LINE ユーザーを削除(deleteBlockedLineUsersV2) LINE チャネル このワークフローは、LINE 公式アカウントにブロックされてから 180 日が経過した後に LINE V2 ユーザーのデータを削除するようにします。
プライバシーリクエストデータを削除(deletePrivacyRequestsData) プライバシーデータ保護規則 このワークフローでは、Adobe Campaign に保存されている受信者のデータを削除します。
配信指標(deliveryIndicators) ミッドソーシングプラットフォーム 配達の配信トラッキング指標を更新します。デフォルトでは、1 時間おきにトリガーされます。
ディスカッションフォーラムプロセス(newsgroupMgt) マーケティングリソース(MRM) ディスカッションフォーラムからの通知の配信を管理します。承認シグナルを受信するとトリガーされます。
分散型マーケティングプロセス(centralLocalMgt) セントラル/ローカルマーケティング(分散型マーケティング) 分散型マーケティングモジュールの使用に関連するプロセスを開始します。ローカルキャンペーンの作成を開始し、オーダーとキャンペーンパッケージの可用性に関連付けられた通知を管理します。
イベントパージ(webAnalyticsPurgeWebEvents) Web 分析コネクタ 存続期間フィールドで設定した期間に基づいてデータベースフィールドからすべてのイベントを削除できます。
Adobe Experience Cloud へのオーディエンスのエクスポート(exportSharedAudience) Adobe Experience Cloud との統合 このワークフローは、共有されたオーディエンスおよびセグメントとしてオーディエンスをエクスポートします。これらのオーディエンスは、お使いの他の Adobe Experience Cloud ソリューションで使用できます。
予測(予測) 配信 暫定カレンダー(暫定ログを作成)に保存された配信を分析します。デフォルトで、毎日午前 1 時にトリガーされます。
完全な集計計算(propositionrcp キューブ)(agg_nmspropositionrcp_full) オファーエンジン(インタラクション) オファーの提案キューブのために完全な集計を更新します。デフォルトで、毎日午前 6 時にトリガーされます。この集計が取得するディメンションは、チャネル、配信、マーケティングオファーおよび日付です。オファーの提案キューブは、オファーに基づいてレポートを生成するために使用します。キューブについて詳しくは、この節を参照してください。
変換済み連絡先の特定(webAnalyticsFindConverted) Web 分析コネクタ リマーケティングキャンペーンの後で、購入を完了したサイトの訪問者をインデックス化します。このワークフローで収集されたデータは、リマーケティングの効率レポートでアクセスできます(このページを参照)。
Adobe Experience Cloud からのオーディエンスのインポート(importSharedAudience) Adobe Experience Cloud との統合 このワークフローでは、別の Adobe Experience Cloud ソリューションのオーディエンスおよびセグメントを Adobe Campaign にインポートできます。
キャンペーンの配信ジョブ(deliveryMgt) マーケティングキャンペーン(キャンペーン) 承認された配信をトリガーし、外部配信のサービスプロバイダーの後処理を開始します。また、承認通知とリマインダーも送信します。
サービスプロバイダーのジョブ(supplierMgt) マーケティングキャンペーン(キャンペーン) 配信が承認されると、プロバイダーの処理(発送担当への E メール送信および後処理)を開始します。
LINE V2 アクセストークンの更新(updateLineV2AccessToken) LINE チャネル - Campaign v7 のみ このワークフローは、アクセストークンを LINE V2 に更新します。
MID から LINE ユーザー ID への移行(MIDToUserIDMigration) LINE チャネル このワークフローは、LINE V1 から LINE V2 へ移行用に、LINE V2 ユーザーの ID を生成します。
マーケティングリソース通知(assetMgt) マーケティングリソース(MRM) マーケティングリソースの承認とパブリッシュにリンクされた通知を管理します。
Message Center>external_account_name>(mcSynch_<external_account_name>) トランザクションメッセージコントロール(Message Center - コントロール) このワークフローの機能は次のとおりです。
  • 操作によって処理されるイベントリストを復元します。
  • 配信メッセージの選定を復元するために NmsBroadLogMsg テーブルと同期します。
  • NmsBroadLogMsg テーブルとの同期が完了するとただちに、イベント配信ログを復元します。
  • 配信 URL のトラッキングを復元するために NmsTrackingUrl テーブルと同期します。
  • NmsTrackingUrl テーブルとの同期が完了するとただちに、イベントトラッキング URL を復元します。
  • 配信の送信後 3 時間おきに、強制隔離されたすべての E メールアドレスを復元できます。
MessageCenter の完全な集計計算(agg_messageCenter_full) トランザクションメッセージコントロール(Message Center - コントロール) このワークフローは、Message Center キューブのための完全な集計を更新します。デフォルトで、毎日午前 3 時にトリガーされます。この集計は、チャネル、日付、ステータス、イベントタイプの各ディメンションを取り込みます。次に、Message Center キューブを使用して、イベントに基づいてレポートを生成します。キューブについて詳しくは、この節を参照してください
ミッドソーシング(配信カウンター)(defaultMidSourcingDlv) ミッドソーシング転送 ミッドソーシングサーバー上の配信のカウント情報を収集します。カウント情報には、送信された配信の数など、一般的な配信指標が含まれています。開封数などのトラッキング情報は含まれていません。デフォルトで、10 分おきにトリガーされます。
ミッドソーシング(配信ログ)(defaultMidSourcingLog) ミッドソーシング転送 ミッドソーシングサーバー上の配信ログを収集します。デフォルトで、1 時間おきにトリガーされます。
NMAC オプトアウト管理(mobileAppOptOutMgt) モバイルアプリチャネル モバイルデバイスの通知の購読解除を更新します。午前 1 時から午前 0 時の間に、6 時間ごとにトリガーします。詳しくは、この節を参照してください。
オファー通知(offerMgt) 配信 承認されたオファーと、オファーカタログに含まれるすべてのカテゴリをオンライン環境にデプロイします。
一時停止されたワークフローのクリーンアップ(cleanupPausedWorkflows) 配信 このワークフローは、重要度が通常に設定された一時停止中のワークフローを分析し、長期間一時停止状態が続いている場合に警告と通知をトリガーします。1 ヶ月後、一時停止中のテクニカルワークフローは無条件で停止されます。デフォルトで、毎週月曜日の午前 5 時にトリガーされます。詳しくは、一時停止されたワークフローの処理を参照してください。
プライバシーリクエストのクリーンアップ(cleanupPrivacyRequests) プライバシーデータ保護規則 このワークフローでは、90 日より古いアクセス要求ファイルが消去されます。
バッチイベントの処理(batchEventsProcessing) トランザクションメッセージ実行(Message Center - 実行) メッセージテンプレートに関連付ける前に、バッチイベントをキューに入れます。
リアルタイムイベントの処理(rtEventsProcessing) トランザクションメッセージ実行(Message Center - 実行) メッセージテンプレートに関連付ける前に、リアルタイムイベントをキューに入れます。
提案の同期(propositionSynch) 実行インスタンスによるオファーエンジンのコントロール このワークフローは、インタラクションで使用するマーケティングインスタンスと実行インスタンスの間で提案を同期します。
Web イベントの復元(webAnalyticsGetWebEvents) Web 分析コネクタ 指定したサイトでのインターネットユーザーの行動に関するセグメントを 1 時間に 1 回ダウンロードし、Adobe Campaign データベースに格納してリマーケティングワークフローを開始します。
レポート集計(reportingAggregates) 配信 レポートで使用される集計を更新します。デフォルトで、毎日午前 2 時にトリガーされます。
指標とキャンペーン属性の送信(webAnalyticsSendMetrics) Web 分析コネクタ このワークフローを使用すると、Adobe® Analytics コネクタ経由で、Adobe Campaign から Adobe Experience Cloud スイートにメールキャンペーンの指標を送信できます。該当する指標は、送信済み(iSent)、オープン数合計(iTotalRecipientOpen)、クリックした受信者の合計数(iTotalRecipientClick)、エラー(iError)、オプトアウト(opt-out)(iOptOut)です。
在庫 : オーダーおよびアラート(stockMgt) マーケティングキャンペーン(キャンペーン) このワークフローは、受注明細に対する在庫計算を開始し、警告アラートのしきい値を管理します。
Facebook ファンの同期(syncFacebookFans) ソーシャルネットワーク(ソーシャルマーケティング) - Campaign v7 のみ 毎日午前 7 時に Facebook ファンを Adobe Campaign にインポートします。
Facebook ページの同期(syncFacebook) ソーシャルネットワーク(ソーシャルマーケティング) - Campaign v7 のみ 毎日午前 7 時に Facebook ページを Adobe Campaign と同期します。
Twitter ページとの同期(syncTwitter) ソーシャルネットワーク(ソーシャルマーケティング) - Campaign v7 のみ 毎日午前 7 時に Twitter のフォロワーを Adobe Campaign にインポートします。
タスク通知(taskMgt) マーケティングリソース(MRM) - Campaign v7 のみ マーケティングキャンペーンのタスクに関する通知メッセージを送信できます。
トラッキング(トラッキング 配信 トラッキング情報のリカバリと紐付けを実行します。トラッキングおよび配信の統計情報、特に Message Center のアーカイブワークフローで使用される統計情報の再計算を保証します。デフォルトでは、1 時間に 1 回トリガーされます。
イベントステータスを更新(updateEventsStatus) トランザクションメッセージ実行(Message Center - 実行) イベントにステータスを割り当てます。イベントのステータスには次のものがあります。
  • 保留中:イベントはキューで待機中です。イベントはまだメッセージテンプレートと関連付けられていません。
  • 配信待ち:イベントはキューに入っており、メッセージテンプレートが関連付けられ、現在配信処理中です。
  • 送信済み:このステータスは配信ログからコピーされます。配信が送信されたことを示します。
  • 配信で無視:このステータスは配信ログからコピーされます。配信が無視されたことを示します。
  • 配信エラー:このステータスは配信ログからコピーされます。配信に失敗したことを示します。
  • 対象外のイベント:イベントを、メッセージテンプレートに関連付けられませんでした。イベントは再処理されません。
配信品質の更新(deliverabilityUpdate) 配信 配信品質の監視(メール配信品質)パッケージがインストールされると、このワークフローは夜間に実行され、バウンスメールの選定ルールのほか、ドメインと MX のリストを管理します。それには、プラットフォームで HTTPS ポートを開く必要があります。

このページ