配信コントロール

配信コントロール」タイプアクションでは、配信を開始、一時停止、または中止できます。

これは、トランジション内で指定された配信、明示的に選択された配信、またはスクリプトで自動生成された配信です。詳しくは、配信を参照してください。

開始」を選択した場合、アクティビティは配信の開始に必要なすべての手順を実行します(ターゲットの計算、コンテンツの準備、配信)。これらの手順の一部が、先行のワークフローアクティビティによって実行されている場合、再度実行されることはありません。例えば、ターゲットの推定が「配信」タイプアクティビティによって既に実行されている場合(配信を参照)、「配信に基づくアクション」アクティビティが残りの手順を開始します(コンテンツの準備と配信)。

次のオプションを使用できます。

  • アウトバウンドトランジションを生成

    実行の終了時に有効化される出力トランジションを生成します。アウトバウンド配信のターゲットを取得するかどうかを選択できます。

  • エラーを処理

    エラーを処理を参照してください。

入力パラメーター

  • deliveryId

トランジション内で指定」アクションが選択されている場合の配信 ID。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free