監査記録の使用方法

監査記録:Adobe Campaign 内で発生するアクションとイベントの包括的なリストをリアルタイムで記録します。監査記録機能には、データの履歴にアクセスして次のような質問に回答するためのセルフサービスが含まれています。

  • オブジェクトに何が起きたか
  • 誰が最後にいつ修正したか
  • 前の状態
メモ

監査記録を使用するには Campaign Classic バージョン 19.1 以降が必要です

監査記録は、ワークフロー、オプション、ソーススキーマの作成、変更、削除など、オペレーターのアクションをログに記録しリストします。さらに、特にワークフローの場合は次のアクションも記録されます。

  • 開始
  • 一時停止
  • 停止
  • 再度開始
  • クリーンアップ
  • シミュレート
  • ウェイクアップ
  • 無条件停止

次のビデオでは、監査記録ログにアクセスする場所と可能な設定について説明します。

詳しくは、監査記録のドキュメントを参照してください。

このページ