オンラインとオフラインのデータを使用した web/モバイルのパーソナライゼーション

Web パーソナライズ機能を電子メールおよびその他の既知および匿名のチャネルパーソナライズ機能と同期します。

ユースケース

  • ランディングページの最適化
  • 行動およびオフラインプロファイルターゲット設定
  • オフラインインサイト(トランザクション、ロイヤリティおよび CRM データなど)およびモデル化されたインサイトに加えて、以前の製品/コンテンツ表示、製品/コンテンツの親和性、環境属性、サードパーティオーディエンスデータおよび人口統計に基づいたパーソナライズ機能

アプリケーション

  • リアルタイム顧客データプラットフォーム
  • Adobe Target
  • Adobe Audience Manager(オプション):サードパーティオーディエンスデータ、Co-op ベースのデバイスグラフ、Adobe Analytics で Platform セグメントを表示する機能および Platform で Adobe Analytics セグメントを表示する機能を追加
  • Adobe Analytics(オプション):Adobe Analytics データからの履歴行動データおよび詳細なセグメント化に基づいてセグメントを作成する機能を追加

アーキテクチャ

オンライン/オフライン Web パーソナライズ機能ブループリントの参照アーキテクチャ

ガードレール

Web およびモバイルパーソナライズ機能ブループリントの概要ページのガードレールを参照してください。

実装パターン

Web/モバイルパーソナライズ機能ブループリントは、以下に説明する方法で実装できます。

  1. Platform Web SDK または Platform Mobile SDK とエッジネットワークを使用。
  2. 従来のアプリケーション固有 SDK(AppMeasurement.js など)を使用

1. Platform Web/Mobile SDK およびエッジアプローチ

Experience Platform Web および Mobile SDK のブループリントを参照してください。

2. アプリケーション固有 SDK アプローチ

アプリケーション固有 SDK アプローチの参照アーキテクチャ

実装の前提条件

ID の前提条件

  • Adobe Experience Platform から Adobe Target にオーディエンスを共有するには、ECID を ID として使用する必要があります。
  • 代替 ID を使用して、Audience Manager を介して Experience Platform のオーディエンスを Adobe Target と共有することもできます。Experience Platform は、次のサポートされている名前空間を使用して、Audience Manager に対するオーディエンスをアクティブ化します。IDFA、GAID、AdCloud、Google、ECID、EMAIL_LC_SHA256。Audience Manager と Target は、ECID ID を介してオーディエンスメンバーシップを解決するので、Adobe Target に対する最終的なオーディエンス共有を行うには、ECID が引き続き必要です。
アプリケーション/サービス 必須ライブラリ メモ
Adobe Target Platform Web SDK*、at.js 0.9.1 以降または mbox.js 61 以降 mbox.js は今後開発されないため、at.js をお勧めします。
Adobe Audience Manager(オプション) Platform Web SDK* または dil.js 5.0 以降
Adobe Analytics(オプション) Platform Web SDK* または AppMeasurement.js 1.6.4 以降 Adobe Analytics トラッキングには、地域データ収集(RDC)を使用する必要があります。
Experience Cloud ID サービス Platform Web SDK* または VisitorAPI.js 2.0 以降 (推奨)アプリケーション呼び出しの前に ID が設定されるように、Experience Platform Launch を使用して ID サービスをデプロイします
Experience Platform Mobile SDK(オプション) 4.11 以降(iOS および Android™ 用)
Experience Platform Web SDK 現在の Experience Platform SDK バージョンである 1.0 には、Experience Cloud アプリケーションをまだサポートしていない様々なユースケースがあります

実装手順

  1. web またはモバイルアプリケーション用に Adobe Target を実装します

  2. Adobe Audience Manager を実装します(オプション)

  3. Adobe Analytics を実装します(オプション)

  4. Experience Platform およびリアルタイム顧客プロファイルを実装します

  5. Experience Cloud ID サービスまたは Experience Platform Web SDK を実装します

    メモ

    アプリケーション間のオーディエンス共有を許可するためには、各アプリケーションは、Experience Cloud ID を使用し、同じ Experience Cloud 組織に属している必要があります。

  6. Experience Platform および Adobe Target 間のオーディエンス共有(共有オーディエンス)のプロビジョニングをリクエストします

関連ドキュメント

関連するブログ投稿

このページ