行動による web/モバイルパーソナライズ機能ブループリント

オンライン行動およびオーディエンスデータに基づいてパーソナライズします。

ユースケース

  • ランディングページの最適化
  • 行動ターゲティング
  • 以前の製品/コンテンツ表示、製品/コンテンツの親和性、環境属性、サードパーティオーディエンスデータおよび人口統計に基づいたパーソナライズ機能

アプリケーション

  • Adobe Target
  • Adobe Analytics(オプション)
  • Adobe Audience Manager(オプション)
  • Adobe Real-time Customer Data Platform (オプション)

アーキテクチャ

行動による web パーソナライズ機能ブループリントの参照アーキテクチャ

実装パターン

Web/モバイルパーソナライズ機能ブループリントは、以下に説明する方法で実装できます。

  1. Platform Web SDK または Platform Mobile SDK とエッジネットワークを使用。Experience Platform Web および Mobile SDK のブループリントを参照してください。
  2. 従来のアプリケーション固有 SDK(AppMeasurement.js など)を使用.アプリケーション固有の SDK ブループリントを参照

実装手順

  1. Web またはモバイルアプリケーション用に Adobe Target を実装します。

実装手順 - Audience Manager または Adobe Analytics

  1. Adobe Audience Manager を実装します

  2. Adobe Analytics を実装します

  3. Experience Cloud ID サービスを実装します

    メモ

    アプリケーション間のオーディエンス共有を許可するためには、各アプリケーションは、Experience Cloud ID を使用し、同じ Experience Cloud 組織に属している必要があります。

  4. ユーザーおよびオーディエンス共有サービス(共有オーディエンス)のプロビジョニングをリクエストします

  5. Adobe Analytics または Adobe Audience Manager でセグメントを作成し、これらのオーディエンスを Experience Cloud に共有するように設定します(Audience Manager または Adobe Analytics を使用している場合)

  6. オーディエンスが Adobe Target で使用できるようになったら、Adobe Target によるターゲティングエクスペリエンスで使用できます

実装手順 - Real-time Customer Data Platform

  1. データを取り込むためにスキーマを作成します。
  2. データを取り込むためにデータセットを作成します。
  3. 取り込まれたデータが統合プロファイルに確実にステッチできるようにするために、スキーマに正しい ID および ID 名前空間を設定します
  4. プロファイル用のスキーマおよびデータセットを有効にします
  5. Experience Platform にデータを取り込みます
  6. Experience Platform で定義されたオーディエンスが Audience Manager に共有されるように、Experience Platform と Audience Manager の間の Real-time Customer Data Platform のセグメント共有をプロビジョニングします。
  7. Experience Platform でセグメントを作成します。セグメントをバッチとして、またはストリーミングとして評価するかを、システムが自動的に判定します。
  8. プロファイル属性およびオーディエンスメンバーシップを目的の宛先に共有するための宛先を設定します。

関連ドキュメント

関連するブログ投稿

このページ