観光および接客業のビジネス課題

米国のカジノやエンターテイメント企業は、データを活用してパーソナライズされたリアルタイムの接続を作成する能力を革新したいと考えていました。COVID-19 のパンデミックが、顧客と観光および接客業とのインタラクションのあり方を変えたため、このビジョンはさらに重要になりました。

アドビのテクノロジーとサービスを活用するこの組織は、目標を達成するための準備を整え、パンデミック後の将来に向けて対処しようとしています。

アドビの取り組み

  • Adobe Experience Platform を既存のテクノロジースタックに統合し、クロスソリューションの顧客インタラクションを提供します。
  • Real-time Customer Data Platform と Customer Journey Analytics をアクティブ化し、継続的な分析とパーソナライズされた顧客プロファイルを提供します。
  • 効果的なマーケティングアトリビューションとリソース割り当てをサポートするため、カスタマージャーニーの全体像を開発しました。
  • 顧客との関わりを持ち続けながら、ビジネスを準備した戦略で、COVID-19 に対応しました。

提供されるビジネスバリュー

目標 戦術 解放されたバリュー
すべてのエクスペリエンスをそのゲストに関連付ける​

ダッシュボードを通じたビジネス対応の Insights とデータ民主主義​

組織的および運用的な有効性
  • オンラインとオフラインのデータを使用して、アクティベーションと測定を行うための統合報酬プログラムのゲストプロファイルを構築
  • チャネルをまたいだリアルタイムの迅速なアクティベーションとスケール
  • カスタマージャーニー分析で解放された顧客レベルの分析機能
  • クリックストリームインタラクションデータの履歴から学習し、アクティベーションを向上させるために、インテリジェンスを開発します。
  • オンラインとオフラインのデータを使用して、カスタマージャーニーやチャネルをまたいでインサイトの顧客ビューを統合します。
  • クロスチャネルアクティベーション:3 倍のメールエンゲージメント、アドレス可能なオーディエンスの増加、インプレッションの増加、高度にパーソナライズされた Web エクスペリエンスの促進
  • インテリジェンス:ゲスト報酬プログラムは、メンバーの変更率を下げるためのアクティベーションキャンペーンを実行します
  • レポート:オンラインとオフラインのデータおよび AI/ML 学習を、ビジネスフレンドリーなジャーニーおよびアトリビューションダッシュボードに統合し、待ち時間を(日単位で)削減
  • 未来志向のテクノロジースタック:7 つのチャネルをまたいで、クロス販売、アップセル、支出最適化の各シナリオで実行できる数千万のプロファイル

プライマリブループリント:オンラインとオフラインのデータを使用したアクティベーション

説明

  • 既知のプロファイルベースの宛先(電子メールプロバイダー、ソーシャルネットワーク、広告など)に対してアクティブ化します。
  • オンライン行動と共に、オフライン属性およびイベント(オフラインの注文、トランザクション、CRM、ロイヤリティデータなど)を、オンラインターゲティングとパーソナライズ機能に使用します。

Experience Cloud アプリケーション

  • Adobe Experience Platform
  • Real-time Customer Data Platform
  • Adobe Audience Manager
  • Customer Journey Analytics

ブループリントアーキテクチャ

様々なチャネルをまたいだ顧客行動を 1 つの統合ビューでリアルタイムに意思決定する、旅行および接客業向けのサムネール画像。

このページ