小売業界のビジネス課題

この統合エクスペリエンスビジネスは、カスタマージャーニー全体をパーソナライズして、ロイヤルティを向上させ、既存の顧客に対してアップセルし、キャンペーン全体でのマーケティング費用を改善しようとしました。目標達成のための戦略は、デジタル機能を拡張して、オフラインの顧客データとトランザクションデータを含めることにより、成長を促進することです。

アドビの取り組み

  • リアルタイムでアクティブ化できる、関連するすべてのオンラインおよびオフラインのデータを含む統合顧客プロファイルを生成する
  • 初回または 2 回目の購入行動を促進するために、Web、メディア、プッシュチャネルにわたって顧客インタラクションをオーケストレートします。

提供されるビジネスバリュー

目標 戦術 解放されたバリュー
リアルタイムカスタマージャーニーのオーケストレート​

新規顧客からのリピート購入の促進​

マーケティング効率の向上とメディアコストの削減
  • 包括的なリアルタイムプロファイルを実現する堅牢なデータと ID 戦略。
  • 顧客およびトランザクションデータをリアルタイムでストリーミング(過去 90 日間の履歴を含む)
  • Google と Adobe Target に対してストリーミングセグメント化を行い、メディアコストとパーソナライゼーションに対する取り組みを強化します。
  • パフォーマンスを測定する戦略を含む、Adobe Campaign 全体にわたるリアルタイムのカスタマージャーニー
  • Real-time Customer Data Platform: メディア、電子メール、プッシュ、Web にわたって、リアルタイムでカスタマーエクスペリエンスを提供
  • データソース: この小売業者のプロファイルストア、注文システム、製品カタログ、小売店の各アウトレットをカバーするストリーミングデータ。
  • リアルタイムメディアアクティベーション:アトリビューションおよび広告抑制のための Google メディアへに対してセグメントをストリーミング
  • リアルタイム Web パーソナライゼーション:小売業者の Web エクスペリエンスでアクティブ化するために、Adobe Target に対してセグメントをストリーミング。
  • 大規模な Journey Orchestration:電子メールおよびプッシュチャネルで利用可能なすべての顧客データを使用して、リアルタイムにトリガーされるメッセージを強化し、リアルタイムでアクティブ化

プライマリブループリント:Experience Cloud アプリケーションを使用したアクティベーションおよびオーディエンス

説明

  • Experience Platform でプロファイルおよびオーディエンスを管理し、Experience Cloud アプリケーションを使用して共有
  • Experience Platform でリッチな顧客セグメントおよびインサイトを構築および共有し、Experience Cloud アプリケーションを使用して共有

Experience Cloud アプリケーション

  • Adobe Experience Platform
  • Real-time Customer Data Platform
  • Experience Platform Activation
  • Experience Cloud アプリケーション

ブループリントアーキテクチャ

デジタルメディア、電子メール、プッシュ、Web チャネルをまたいで、リアルタイムのカスタマーエクスペリエンスを提供する小売業向けのサムネール画像

このページ