データ収集と準備

データ収集と準備は、データを準備して Adobe Experience Platform に取り込むためのすべての方法を網羅しています。また、Adobe Experience Platform のエッジネットワークにデータを収集する機能、およびサイド転送を介したエンタープライズ宛先へのデータ転送機能も含まれます。

データ準備には、エクスペリエンスデータモデル(XDM)スキーマへのソースデータのマッピングが含まれます。また、データ変換(日付形式、フィールドの分割/連結/コンバージョン、レコードの結合/キー更新など)の実行も含まれます。データ準備は、顧客データを統合して、集計/フィルタリングされた分析を提供するのに役立ちます。これには、レポート作成や顧客プロファイルの組み立て/データサイエンス/アクティベーションのためのデータ準備が含まれます。

ブループリント 説明 Experience Cloud アプリケーション
データ準備と取り込み
  • データ準備と取り込みブループリントは、データを準備して Adobe Experience Platform に取り込むためのすべての方法を網羅しています。
  • Adobe Experience Platform
サーバーサイドエンタープライズデータ収集
  • 既知のプロファイルベースの宛先(電子メールプロバイダー、ソーシャルネットワーク、広告など)に対してアクティブ化します。
  • オンラインビヘイビアーと共に、オフライン属性およびイベント(オフラインの注文、トランザクション、CRM またはロイヤリティデータなど)を、オンラインターゲティングとパーソナライズ機能に使用します。
  • Adobe Experience Platform
  • リアルタイム顧客データプラットフォーム
  • Adobe Audience Manager(オプション)

このページ