データ準備と取り込みブループリント

データ準備と取り込みブループリントは、データを準備して Adobe Experience Platform に取り込むためのすべての方法を網羅しています。

データ準備には、エクスペリエンスデータモデル(XDM)スキーマへのソースデータのマッピングが含まれます。また、データ変換(日付形式、フィールドの分割/連結/コンバージョン、レコードの結合/キー更新など)の実行も含まれます。データ準備は、顧客データを統合して、集計/フィルタリングされた分析を提供するのに役立ちます。これには、レポート作成や顧客プロファイルの組み立て/データサイエンス/アクティベーションのためのデータ準備が含まれます。

アーキテクチャ

データ準備と取り込みブループリントの参照アーキテクチャ

データ取り込みガードレール

次の図は、Adobe Experience Platform にデータを取り込む際の平均パフォーマンスのガードレールと待ち時間を示しています。

Experience Platform データフロー

データ取り込み方法

取り込みの方法 説明
Web/Mobile SDK レイテンシ:
  • リアルタイム - Edge Network への同じページの収集
  • プロファイルへのストリーミングの取り込み 最大 1 分
  • データレイクへのストリーミングの取り込み(マイクロバッチ 最大 15 分)
ドキュメント:
ストリーミングソース ストリーミングソース
レイテンシ:
  • リアルタイム - Edge Network への同じページの収集
  • プロファイルへのストリーミングの取り込み 最大 1 分
  • データレイクへのストリーミングの取り込み(マイクロバッチ 最大 15 分)
ストリーミング API Edge Network Server API(推奨) - Edge セグメント化を含む Edge サービスをサポートしますが、
データ収集コアサービス API - は Edge サービスをサポートしておらず、ハブに直接ルートします。
レイテンシ:
  • リアルタイム - Edge Network への同じページの収集
  • プロファイルへのストリーミングの取り込み 最大 1 分
  • データレイクへのストリーミングの取り込み(マイクロバッチ 最大 15 分)
  • 7 GB/時間
ドキュメント
ETL ツール Experience Platform に取り込む前に、ETL ツールを使用してエンタープライズデータを変更および変換します。

レイテンシ:
  • タイミングは外部 ETL ツールのスケジュールに依存し、その後、取り込みに使用される方法に基づいて、標準的な取り込みガードレールが適用されます。
バッチソース ソースからのスケジュールされた取得
レイテンシ:最大 200 GB/時間

ドキュメント
ビデオチュートリアル
バッチ API レイテンシ:
  • プロファイルへのバッチ取り込みはサイズおよびトラフィックの負荷に依存 最大 45 分
  • データレイクへのバッチ取り込みはサイズおよびトラフィックの負荷に依存
ドキュメント
アドビアプリケーションコネクタ Adobe Experience Cloud アプリケーションから供給されるデータを自動的に取り込みます

データ準備方法

データ準備の方法 説明
外部 ETL ツール (Snaplogic、Mulesoft、Informaticaなど ) ETL ツールで複雑な変換を実行し、標準 Experience Platform フローサービス API またはソースコネクタを使用して、結果のデータを取り込みます。
クエリサービス - データ準備 結合、分割、結合、変換、クエリ、フィルターの各データを新しいデータセットにまとめます。Create Table as Select(CTAS)
ドキュメントの使用
XDM マッパーとデータ準備機能(ストリーミングとバッチ) Experience Platform の取り込み時に、CSV 形式または JSON 形式のソース属性を XDM 属性にマップします。
取り込まれたデータに対して、関数を計算します(データの形式、分割、連結など)。
ドキュメント

関連するブログ投稿

このページ