Journey Optimizer — 意思決定管理の概要

意思決定管理について詳しくは、製品ドキュメントを参照してください。 ここをクリック

アドビの意思決定管理は、Adobe Journey Optimizer の一部として提供されるサービスです。このブループリントは、アプリケーションのユースケースと技術的機能の概要を示し、意思決定管理を構成する様々なアーキテクチャコンポーネントと考慮事項について詳しく説明します。

Journey Optimizerは、あらゆるタッチポイントにわたり、適切なタイミングで、顧客に最適なオファーとエクスペリエンスを提供するために使用されます。意思決定管理 により、マーケティングオファーの一元化されたライブラリと、Adobe Experience Platform が作成するリッチなリアルタイムプロファイルにルールと制約を適用する決定エンジンを使用して、パーソナライズが容易になり、適切なオファーを適切なタイミングで顧客に送信することができます。

意思決定管理機能は、次の 2 つの主要なコンポーネントで構成されます。

  • 一元化オファーライブラリは、オファーを構成する様々な要素を作成および管理し、そのルールと制約を定義するインターフェイスです。
  • オファー決定エンジンは、オファーを配信する適切な時間、顧客、チャネルを選択するために、Adobe Experience Platform のデータと Real-time Customer Profile、およびオファーライブラリを利用します。
意思決定管理

意思決定管理は、エッジ上またはハブを介して、2 つの方法のいずれかでデプロイできます。これらのメソッドのそれぞれには、以下に示す各ブループリントで概要を説明するように、サービスを動作させるための特定のインターフェイスとプロトコルのセットがあります。追加の詳細は、意思決定管理ドキュメントここでも入手することができます。

ハブの意思決定管理

1 つは、単一のデータセンターアーキテクチャである Adobe Experience Platform Hub を通じて行う方法です。「ハブ」アプローチでは、オファーは、500 ミリ秒を超える待ち時間で実行、パーソナライズ、配信されます。したがって、ハブアーキテクチャは、1秒未満の待ち時間を必要としない顧客体験に最適です。たとえば、コールセンターや対面でのやり取りなど、キオスクやエージェント支援エクスペリエンスに提供されるオファー判定が含まれます。電子メール、SMS メッセージ、プッシュ通知やアウトバウンドキャンペーンに挿入されるオファーも、ハブアプローチを利用します。ハブの意思決定管理について詳しくは、ハブの意思決定管理 ブループリントを参照してください。

  • オファーの適格性は、すべての属性とエクスペリエンスイベントを含む、完全な Real-time Customer Profile に対して機能します。

ハブの意思決定管理のユースケース

  • キオスクおよびストアエクスペリエンスに関してパーソナライズされたオファー。
  • コールセンターやセールスインタラクションなど、エージェントの支援によってパーソナライズされたオファー。
  • 電子メール、SMS、またはその他のアウトバウンドインタラクションに含まれるオファー。
  • クロスチャネルのジャーニー実行 — Adobe Journey Optimizer を通じて、Web、モバイル、電子メールおよびその他のインタラクションチャネル間の一貫性を提供します。

ハブでの意思決定管理に関する技術上の考慮事項

  • 1 秒あたりのリクエスト数= 2000。
  • 応答の待ち時間(500 ミリ秒未満)。
  • オーディエンスメンバーシップ、属性、エクスペリエンスイベントを含む、完全なリアルタイム顧客プロファイルへのアクセス。

エッジでの意思決定管理

2 つ目のアプローチは、Experience Edge ネットワークを介したものです。Experience Edge ネットワークは、地理的にグローバルに分散されたインフラストラクチャで、1 秒未満および 1 ミリ秒の高速なエクスペリエンスを提供します。レイテンシを最小限に抑えるために、消費者の地理的位置に最も近いエッジインフラストラクチャによって実行される最終消費者エクスペリエンス。Edge 上の意思決定管理は、Web やモバイルのインバウンドパーソナライズ機能リクエストなどのリアルタイムの顧客体験を提供するように設計されています。ハブの意思決定管理について詳しくは、ハブの意思決定管理ブループリントを参照してください。

エッジでの意思決定管理のユースケース

  • Web またはモバイルインバウンドエクスペリエンスを使用したオンラインパーソナライズ機能。
  • クロスチャネルのジャーニー実行 — Adobe Journey Optimizer を通じて、Web、モバイル、電子メールおよびその他のインタラクションチャネル間の一貫性を提供します。

エッジに関する技術上の考慮事項に関する意思決定管理

  • 1 秒あたりのリクエスト数= 5000。
  • 応答の待ち時間(250 ミリ秒未満)。
  • エッジの Real-time Profile にアクセスします。プロファイルで使用できるのは、エッジから推定されたオーディエンスとプロファイル属性のみです。
  • 初めてのエクスペリエンスでパーソナライズ機能が必要な場合は、フルプロファイルを利用できるので、ハブが最適です。初めてのエッジエクスペリエンスでは、エッジプロファイルがハブから同期する必要があります。したがって、エッジからの最初のエクスペリエンスには、以前にハブにアップロードされたプロファイルデータは含まれません。

関連ドキュメント

このページ