Campaign v7 ブループリント

Adobe Campaign v7 は、電子メールやダイレクトメールなどの従来のマーケティングチャネル用に構築されたキャンペーンツールです。堅牢な ETL およびデータ管理機能を提供し、最適なキャンペーンの作成とキュレーションを支援します。そのオーケストレーションエンジンは、バッチベースのジャーニーに重点を置いた、豊富なマルチタッチマーケティングプログラムを提供します。また、リアルタイムメッセージングサーバーと組み合わせることで、マーケティングチームは、パスワードのリセット、注文確認、電子領収書など、あらゆる IT システムから包括的なペイロードに基づいて事前に定義したメッセージを送信することが可能になります。


ユースケース

  • バッチベースのメッセージングプログラム
  • オンボーディングおよびリマーケティングキャンペーン
  • ダイレクトメール広告、パンフレット、雑誌キャンペーン
  • 少量のシンプルなトランザクションメッセージ(パスワードリセット、電子メールの受信、注文確認など)

アーキテクチャ

Campaign v7 ブループリントの参照アーキテクチャ

統合パターン

シナリオ 説明 機能
Journey Optimizer と Adobe Campaign Adobe Journey Optimizer を使用し、Real-Time Customer Profile を利用して 1:1 エクスペリエンスの調整をおこない、ネイティブの Adobe Campaign トランザクションメッセージングシステムを活用してメッセージを送信する方法を示します Real-Time Customer Profile と Journey Optimizer の機能を活用し、瞬時のエクスペリエンスで調整しながら、Adobe Campaign のネイティブリアルタイムメッセージング機能を利用して、ラストマイルのコミュニケーションを実現します。

注意点:
  • リアルタイムメッセージサーバーを介して 1 時間に最大 50,000 件のメッセージを送信可能
  • Journey Optimizer からのスロットリングは行われませんので、プリセールスのエンタープライズアーキテクトによる技術的な検証を必ず行います
  • Campaign v7 リアルタイムメッセージングサーバーへのペイロードでは、意思決定管理 はサポートされていません。
Real-Time CDP と Adobe Campaign Adobe Experience Platform の Real-Time CDP とその一元化されたセグメント化ツールを Adobe Campaign と併用して、パーソナライズされた会話を提供する方法を紹介します
  • クラウドストレージのファイル交換と Adobe Campaign の取り込みワークフローを使用した、Real-Time CDP から Adobe Campaign へのオーディエンスの共有
  • 顧客との会話から得られた配信データとインタラクションデータを Adobe Campaign から リアルタイムReal-Time CDP に戻し、Real-Time Customer Profile とメッセージングキャンペーンのクロスチャネルレポートの両方を簡単に共有できる

前提条件

アプリケーションサーバおよびリアルタイムメッセージングサーバ

  • Adobe Campaign Client Console は、Campaign v8 ソフトウェアとやり取りして使用するために必要です。これは Windows ベースのクライアントで、標準のインターネットプロトコル(SOAP、HTTP など)を使用します。ソフトウェアの配布、インストール、実行に必要な権限が組織で有効になっていることを確認します。

  • IP アドレス許可リストへの登録

    • クライアントコンソールへのアクセス時にすべてのユーザーが利用する IP 範囲を指定します
    • リアルタイムメッセージングサーバとの通信を許可するエンタープライズシステムの ID。また、許可リスト登録可能な IP または範囲が静的に割り当てられていることを確認します。
    • これは、Campaign コントロールパネルで設定および制御可能
  • sFTP キー管理

    • SSH パブリックキーを Campaign で提供された sFTP で使用できるようにします。これは、Campaign コントロールパネルで設定および制御できます。

電子メール

  • メッセージ送信に使用するサブドメインの準備を整える
  • サブドメインは、アドビに完全にデリゲートすることも(推奨)、CNAME を使用してアドビ固有の DNS サーバー(カスタム)を指すこともできます
  • Google TXT レコードは、配信品質を高めるために各サブドメインに必要

モバイルプッシュ

  • モバイルデベロッパーを使用して、モバイルアプリをデプロイ、設定およびビルドが可能
  • アドビは、メッセージペイロードをサーバーに送信するために必要な情報を FCM (Android) および APNS (iOS) から収集する SDK のみを提供しています。モバイルアプリをコード化、デプロイ、管理、デバッグするのは、お客様の責任です

Webapps(オプション)

  • Campaign でホストされている購読解除およびランディングページ用に追加のサブドメインのデリゲートが可能
  • SSL 証明書を強く推奨します

ガードレール

アプリケーションサーバーのサイズ設定

  • ストレージは最大 1 億件のプロファイルに拡張可能
  • Adobe Admin Console(推奨)を介した、またはアプリケーション自体でのローカルなユーザーアクセスの設定と制御
  • Campaign へのデータの読み込みは、バッチファイルを使用しておこなう必要があります
    • API データの読み込みのサポートは、主にデータベース内のプロファイルや単純なオブジェクトの管理(作成と更新)に使用します。大量のデータの読み込みや、バッチ操作などの操作に向けたものではありません。
    • API を使用したカスタムアプリケーション目的でのデータ読み取りはサポートされていません
  • API 呼び出しは、1 秒あたり 15 件または 1 日あたり 150,000 件に制限されます

バッチメッセージングサーバーのサイズ設定

  • 1 時間あたり最大 2,500 万件のメッセージに対応可能

リアルタイムメッセージングサーバーのサイズ設定

  • 1 時間に最大 50,000 件のメッセージを送信可能
  • デフォルトでは、2 つのリアルタイムメッセージングサーバーがプロビジョニングされます。最大 8 台のリアルタイムメッセージングサーバを拡張可能

SMS 設定

  • Campaign には、SMS プロバイダーと統合される機能が用意されています。プロバイダーは、顧客によって調達され、SMS ベースのメッセージを送信するためのキャンペーンと統合されます
  • サポートは、SMPP プロトコル経由で
  • 次の 3 種類の SMS があり、アドビがサポートします。
    • SMS MT (モバイル終了):Adobe Campaign が SMPP プロバイダーを通じて携帯電話に向けて発信する SMS。
    • SMS MO(モバイル発信):携帯電話から SMPP プロバイダー経由で Adobe Campaign に送信される SMS。
    • SMS SR(ステータスレポート)、DR または DLR(配信受信):SMS が正常に受信されたことを示す返信確認メッセージが、SMPP プロバイダーを通じて Adobe Campaign に送信されました。Adobe Campaign は、メッセージが配信できなかったことを示す SR を受け取る場合もあり、多くの場合、エラーの説明が記載されています。

モバイルプッシュ設定

  • プッシュ通知用にモバイルデバイスとの統合に関してサポートされる 2 つの方法を示します。

    • Experience Platform Mobile SDK(推奨)
    • Campaign モバイル SDK
  • Experience Platform Mobile SDK ルート:

    • アドビタグと Campaign Classic 拡張機能を活用して、Experience Platform Mobile SDK との統合を設定します。
    • アドビタグとデータ収集に関する実務知識が必要です
    • SDK のデプロイ、FCM(Android)およびAPNS(iOS)との統合によるプッシュトークンの取得、プッシュ通知を受け取るためのアプリの設定、プッシュインタラクションの処理など、Android および iOS でのプッシュ通知に関するモバイル開発経験が必要です。
  • Campaign モバイル SDK

    • アドビカスタマーケアに連絡
    • SDK のインストールと設定の方法については、Campaign SDK ドキュメント を参照してください。
    重要

    Campaign SDK をデプロイし、他の Experience Cloud アプリケーションと連携する場合は、データ収集に Experience Platform Mobile SDK を使用する必要があります。これは別の SDK なので、Campaign SDK と共にインストールする必要があります


実装手順

Adobe Campaign v7 の実装に関しては、はじめる前にを参照してください。

関連ドキュメント

このページ