既知の顧客アクティベーションブループリント

オンライン行動と共に、オフライン属性およびイベント(オフラインの注文、トランザクション、CRM、ロイヤリティデータなど)を、オンラインターゲティングとパーソナライズ機能に使用します。

ガバナンスコントロールが組み込まれた拡大された識別子は、既知の顧客とコミュニケーションをとる機会を増やします。既知のプロファイルベースの宛先(電子メールプロバイダー、ソーシャルネットワーク、広告など)に対して、オーディエンスをアクティブ化します。

追加の詳細は、Experience Platform と Experience Cloud アプリケーションの間の統合に特有な、Experience Cloud アプリケーションを使用したオーディエンスとプロファイルのアクティベーションブループリントで提供されます。

ユースケース

  • ソーシャルおよび広告の宛先の既知のオーディエンスに対するオーディエンスターゲティング。
  • オンラインおよびオフライン属性を使用したオンラインパーソナライズ機能。
  • 既知のチャネル(電子メール、SMS など)に対するオーディエンスをアクティブ化します。

アプリケーション

  • Real-time Customer Data Platform
  • Audience Manager People-Based Destinations は、Facebook、LinkedIn、Google Customer Match に対するユーザーベースのアクティベーションにも利用できます。

アーキテクチャ

Real-time Customer Data Platform を使用した既知の顧客のアクティベーション

既知の顧客のアクティベーションブループリントの参照アーキテクチャ

Audience Manager People-Based Destinations を使用した既知の顧客のアクティベーション

既知の顧客のアクティベーションブループリントの参照アーキテクチャ

ガードレール

オーディエンスとプロファイルのアクティベーションの概要ページに説明されているガードレールを参照してください。

Real-time Customer Data Platform の実装手順

  1. データを取り込むためにスキーマを作成します。
  2. データを取り込むためにデータセットを作成します。
  3. 取り込まれたデータが統合プロファイルに確実にステッチできるようにするために、スキーマに正しい ID および ID 名前空間を設定します
  4. プロファイル用のスキーマおよびデータセットを有効にします
  5. Experience Platform にデータを取り込みます
  6. Experience Platform で定義されたオーディエンスが Audience Manager に共有されるように、Experience Platform と Audience Manager の間の Real-time Customer Data Platform のセグメント共有をプロビジョニングします。
  7. Experience Platform でセグメントを作成します。セグメントをバッチとして、またはストリーミングとして評価するかを、システムが自動的に判定します。
  8. プロファイル属性およびオーディエンスメンバーシップを目的の宛先に共有するための宛先を設定します。

実装に関する考慮事項

Audience Manager People-Based Destinations の実装手順

  • Audience Manager の実装について詳しくは、次のドキュメントを参照してください.

  • Audience Manager で People-Based Destinations を実装する方法について詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

関連ドキュメント

関連ビデオおよびチュートリアル

このページ