Tables testing ExL

Checking to see with happens in Experience League with standard table syntax that’s not supported in old pipeline.

Alignment

Tables Are Cool
col 1 (Tables) is left-aligned $1
col 2 (Are) is centered $12
col 3 (Cool) is right-aligned $1600

No outer pipes

Markdown Less Pretty
Still renders nicely
1 2 3

Varied column width

| --- | --------------------- |

Syntax Description
Header Title
In this table, the left column has only 3 hyphens while the right column has 21. Which column is wider? Text

| --- | --------------------- |

Syntax Description
Header Title
Text Text

Table with line that starts with backtick (bug?)

Syntax Description
Header Title
inline code Text
I don’t believe this passes validation in EXL Text

HTML table with extra gunk

This html table includes background-color="red" and text-align="reight" syntax, which seems to be ignored.

Name Telephone Dance
Sara 555-7854 Salsa
Gil 555-3843 Naked Monkey

HTML tables with spans

This html table includes <th rowspan="3"> syntax.

Name Age GeeksforGeeks
Arun 24
Priya 25

This html table includes <td colspan="2"> syntax.

Month Savings
January $100
February $80
Sum: $180

This table has Japanese text - Trying a few things to see if we can fix AN-232254

機能 一般公開 - ターゲット日 説明
クロスデバイス分析:EMEA および APAC での可用性 2020 年 9 月 1 日 デバイス間の分析 およびプライベートグラフは、ヨーロッパ、中東、アフリカおよびAPACのお客様が利用できます。
デバイス 間の分析でのフィールドベースのステッチの強化 (世界中で利用可能) 2020 年 9 月 1 日 新しいクロスデバイス分析のお客様向けにシンプル化されたこの実装により、デバイスグラフ(コープまたはプライベート)を使用する代わりに、Analytics フィールド(prop または eVar)に保存されたユーザー ID に基づいてステッチするオプションが提供されます。この機能強化により、ECID の実装が不要になり、CDA 用に ID 同期を実装する必要がなくなりました。(他の特定の機能を使用するには、ECID と ID の同期が必要です)。
中国のデータ収集、第2段階 2020年9月1日 ファーストパーティSSLのサポートが拡張されました。
Workspaceの新しい日付範囲 2020年9月10日 5つの新しい日付範囲を追加するので、今日の日付の一部データを含まない日付範囲から選択できます。最近の7日間、過去14日間、過去30日間、過去60日間、過去90日間の全日数
Workspace:単一のディメンションに対して 50,000 個の項目をダウンロード 2020 年 9 月 18 日 セグメントとフィルターが適用されたフリーフォームテーブルで、単一のディメンションに対して 50,000 個の項目をダウンロードできます。これにより、Analysis Workspace 外の 400 行を超えるデータにアクセスできます。詳細情報…
ワークスペース:線の ビジュアライゼーションの強化 2020 年 9 月 18 日
  • You can show or hide the x-axis and y-axis of any Line visualization. This can be especially helpful when your Line visualizations are more compact.
  • You can overlay a minimum and maximum value label on any Line visualization to quickly highlight the peaks and valleys in a metric.
  • You can overlay different regression trend lines on any Line visualization to more easily see the trend in the data. Options include Linear, Logarithmic, Exponential, Power and Quadratic.
詳細情報…

On this page