アラート

このリファレンスでは、Adobe Experience Platform Auditor のテストで表示されるアラートの詳細を提供します。

アラートは、認識する必要があるが、スコアには影響しない問題を示します。これらは、ベストプラクティスの推奨事項ですが、お客様の実装に適用されない場合があります。

テスト 条件 推奨

Advertising Cloud - 正しいコンバージョンタグが実装されている

重み付け:0

正しいコンバージョンタグが使用されているかどうかを確認します。

警告:非推奨の TubeMogul コンバージョンタグを使用すると、データが失われる可能性があります。

コンバージョンピクセルを新しい Advertising Cloud 画像専用コンバージョンタグにアップグレードします。

Experience Platform Launch 用 Advertising Cloud 拡張機能を使用すると、最も容易にこれを実施できます。

Advertising Cloud - 正しい JS タグを使用している

重み付け:0

Advertising Cloud では、最新の JavaScript タグを使用する必要があります。

Advertising Cloud JavaScript を最新バージョンにアップグレードします。非推奨の JavaScript バージョンを使用すると、機能が失われる可能性があります。

Platform Launch 用 Advertising Cloud 拡張機能を使用すると、より容易に実施できます。

Advertising Cloud - 画像専用タグ

重み付け:0

Advertising Cloud の画像ピクセル形式は、次の推奨形式のいずれかと一致する必要があります。

  • http(s)://rtd.tubemogul.com/upi/?sid=<HASH_VALUE>

  • http(s)://rtd-tm.everesttech.net/upi/?sid=<HASH_VALUE>

  • http(s)://pixel.everesttech.net/px2/<NUMERIC_ID>?

Advertising Cloud の全機能を活用できるよう、Advertising Cloud のピクセルを新しい Advertising Cloud の画像専用タグにアップグレードします。

Platform Launch 用 Advertising Cloud 拡張機能を使用すると、最も容易にこれを実施できます。

Advertising Cloud - セグメントピクセルの DSP 同期が有効になっている

重み付け:0

TubeMogul セグメントピクセルに DSP 同期設定が含まれているかどうかを確認し、その設定をピクセルに追加することをお勧めします。

DSP Syncing 設定は、クエリ文字列パラメーターを使用して決定されるので、

タグが ("https://rtd.tubemogul.com/upi/?sid=<HASH_VALUE>"

または "http(s)://rtd-tm.everesttech.net/upi/?sid=<HASH_VALUE>"

または "http(s)://pixel.everesttech.net/px2/<NUMERIC_ID>?"

およびタグに URL パラメーター "sid=" が含まれる)に対して実行される場合、

URL パラメーター "cs=0" または "cs=1" が存在するかどうかを確認します。存在しない場合は、オーディエンスの一致率を向上させるために、これらのピクセルに "cs=1" を追加することをお勧めします。

DSP 同期を実行できるよう、URL パラメーター "cs=1" を Advertising Cloud ピクセルに追加します。これにより、オーディエンスの一致率が向上します。

Platform Launch 用 Advertising Cloud 拡張機能を使用すると、最も容易にこれを実施できます。

DTM - pageBottom コールバックの配置

重み付け:0

追加情報

Dynamic Tag Management には、_satellite.pageBottom() 関数が必要です。DTM が適切に機能するよう、</body> 終了タグの直前にインラインスクリプトを追加します。

注意:ベストプラクティスは、このタグを <body> 内の最後のタグにすることです。<body> タグ内にある場合でも、機能する可能性はありますが、ベストプラクティスではないので、正しく機能しない場合や、予期しない結果や望ましくない結果が生じる場合があります。

DTM が適切に機能するよう、</body> 終了タグの直前にインラインスクリプトを追加します。

DTM - 自己ホストされている

重み付け:0

追加情報

DTM ライブラリは、アドビの Akamai インスタンス上(assets.adobedtm.com)でホストされています。

DTM の読み込みには、キャッシュ制御を通じた Web サイトのパフォーマンスの制御、サードパーティスクリプトの依存関係の軽減、および公開プロセスの制御の向上を提供する自己ホスト型アプローチが推奨されます。DTM ライブラリは、お客様自身の Web ホスティングまたは CDN を使用してホストおよび管理できます。

ページに DTM を読み込む場合は、自己ホスト型アプローチを推奨します。Akamai CDN 経由の DTM ホスティングはほとんどの場合において機能しますが、自己ホスティングを使用すると、ページのパフォーマンスが向上します。

Experience Cloud ID サービス - 1 つの AdobeOrg のみを使用する

重み付け:0

追加情報

通常の MCID 実装では、単一の AdobeOrg を使用する必要があります。

この実装に複数の AdobeOrg ID が存在することを検証します。

Launch - pageBottom コールバックの配置

重み付け:0

追加情報

同時にデプロイした場合、Platform Launch では、ページ本文の最後で pageBottom コールバック関数を定義する必要があります。

注意:ベストプラクティスは、このタグを <body> 内の最後のタグにすることです。<body> タグ内にある場合でも、機能する可能性はありますが、ベストプラクティスではないので、正しく機能しない場合や、予期しない結果や望ましくない結果が生じる場合があります。

Platform Launch で同期デプロイメントを実行するには、_satellite.pageBottom() 関数が必要です。Platform Launch が適切に機能するよう、</body> 終了タグの直前にインラインスクリプトを追加します。

Launch - 自己ホストされている

重み付け:0

Adobe Experience Platform Launch の概要

Platform Launch の非同期デプロイメント

Platform Launch ライブラリは、アドビの Akamai インスタンス上(assets.adobedtm.com)でホストされています。

Platform Launch の読み込みには、キャッシュ制御を通じた Web サイトのパフォーマンスの制御、サードパーティスクリプトの依存関係の軽減、および公開プロセスの制御の向上を提供する自己ホスト型アプローチが推奨されます。Platform Launch ライブラリは、お客様自身の Web ホスティングまたは CDN を使用してホストおよび管理できます。

Akamai CDN 経由の Platform Launch ホスティングはほとんどの場合において機能しますが、最初のステップとして自己ホスティングを使用すると、ページのパフォーマンスが向上します。

Launch - 非同期的にデプロイする必要がある

重み付け:0

追加情報

最適なパフォーマンスを得るには、Platform Launch を非同期的にデプロイする必要があります。

非同期的な Platform Launch 機能が正しく動作するように、インラインスクリプトに async パラメーターを含めます

Target - mboxDefault 内のコンテンツ

重み付け:0

追加情報

at.js を使用する場合は、mboxDefault 内にコンテンツが存在する必要があります。

コンテンツが使用可能であることを確認します。

このページ